新たなデファレンシャル・システム




アウディ(Audi)では、クワトロ用の新たなデファレンシャルを来年の採用に向けて
開発中。
新システムでは、トルク配分をフロント40%、リア60%を基本として、マルチプレー
トクラッチを介してフロント・リアへの配分をコントロールする。
電子制御により反応時間は100ミリ秒以下でコントロール可能となる。
この制御により、トルクが抜けたときのアンダーステアを積極的に抑制する。

電子制御の恩恵として、ドライバーは、「コンフォート」、「オート」、「ダイナ
ミック」の3つのモードを選択することができるという。


情報ソース:MotorAuthority





-カテゴリ-

このサイトは、
ATA企画が運営しております。

ご連絡は以下のメールフォームでお送りください。

Powered by SHINOBI.JP