2010年9月 すべての記事

アウディ(Audi)が2010パリ・モーターショーで発表した「アウディ クワトロコンセプト」の最新動画が、はやくもYoutubeにアップされている。




アウディ(Audi)が2010パリ・モーターショーで発表した「アウディ クワトロコンセプト」の最新動画が、はやくもYoutubeにアップされている。




アウディ(Audi)は、2010年のパリ・オートショーに「アウディ クワトロコンセプト」を出展した。


20100930qtc_1.jpg

20100930qtc_2.jpg


アウディクワトロコンセプトは、プロトタイプとして露出している「アウディR4」の現在形であり、クワトロ30周年などを背景としてネーミングされているという。
エンジンはTT-RSに搭載するハイパワーの直5ターボをさらにチューンし、408hpを得る。リッターあたり200hpというとんでもないエンジンである。
このモンスターハートを軽量ボディに搭載し、最新のクワトロシステムで受け止め、0-100km/hを3.9秒でこなす。
1980年代にラリー界を席巻した「アウディクワトロ」。ショートホイールベースの特徴的なフォルムがR4にも見て取れる。



アウディ(Audi)A7スポーツバックの試乗インプレッション


 オートックワン:アウディA7スポーツバック


20100929A7.jpg


美しいボディライン。見とれてしまいそう。
案外フェンダーアーチがマッチョです。



アウディ(Audi)RS5インプレッション


 WebCG:アウディRS5



アウディ(Audi)が発表したA1 1.4TFSIについて、海外各誌では、「A1ではなくS1として再発表」と報じたところだが、Autoblog誌では、新たな情報ソースを示している。


20100926A1.jpg


Autoblog

・今回発表された185hp1.4リッターツインチャージモデルは、「A1 S-Line」と位置づけられ、2011年にデリバリー。
・S1は、ゴルフGTIと共通の(ということはA3と共通と思われるが)220hp2.0リッターターボエンジンを搭載。
・さらにRS1には、RS3と共通の340hp2.5リッター直5ターボエンジンを搭載。
・RS1は、0-100km/h加速5秒フラットを実現


この情報が正しいものであれば、史上最強のコンパクトハッチが「市販」されることになる。
いくら強固なシャシーといえども、国産で言えばマーチ程度のボディに340hpのモンスターエンジンを積むのだから、正気の沙汰ではない。


今後の情報を注視したい。



アウディジャパンは、A3 1.4TFSIにお得な購入サポートキャンペーンを設定。


対象は9月末日までに、アウディA3 1.4TFSI成約の方。
10万円の購入サポートを実施。


自動車取得税および自動車重量税が75%割引、自動車税50%割引で、実は148,900円もお得なのだ。その上、アウディが10万円をサポートするので、合計248,900円もお得。
エコカー補助金は終了したが、エコカー減税は継続中なのを知らない方も多いのでは?
A3 1.4TFSIはA3ラインナップでも「Best Buy」との声も高い。


悩んでいた諸兄は一度ショウルームに足を運んでみてはいかがか。



一部の海外誌では、アウディは、先日発表した「アウディA1 1.4TFSI」を「S1」に改名する方向にあると報じている。


アウディA1 1.4TFSIは、1.4リッター直4エンジンにスーパーチャージャーとターボで過給し、180hpを搾り出す。
車両重量は1200kg台と見られ、6.9秒で100km/hに達する俊足を持つ。
ドライブトレインは、VWポロGTIと共通だが、A1のハイエンドとするには少々とがりすぎ。


事実は不明だが、S1として文句ない仕様だろう。
最初からS1にしておけばねえ。



nikkei.webから引用

 【フランクフルト=下田英一郎】独フォルクスワーゲン(VW)傘下の独アウディは23日、ハンガリー工場の生産能力を増強すると発表した。2013年をメドに、同工場の生産台数を09年実績の約4倍の年12万5千台に引き上げる。投資額は9億ユーロ(約1千億円)。高級スポーツ車の強化で、VWグループの収益力の向上を狙う。

 アウディは15年までに世界販売台数を150万台(09年実績比6割増)に引き上げる計画。ハンガリーはドイツに比べ人件費も安いため、コスト競争力の強化にもつながると判断した。

 現在のハンガリー工場の敷地面積は174万平方メートル。今回新たに200万平方メートルの敷地を取得し、完成車組み立てラインを新設。高級スポーツ車の「アウディTT」シリーズや、小型車「A3」などの人気車種を増産する。1800人の従業員を新規雇用する予定だ。

 VWグループの中でアウディは稼ぎ頭。同グループの10年1~6月期決算でアウディの売上高は全体の28%だが、営業利益に占めるアウディの比率は47%に達する。

以上 日本経済新聞



アウディジャパンは、アウディTTを一部改良して発売した。


TTクーペ、ロードスターに搭載する2リッター直4ターボエンジンは、AVS(アウディ バルブリフト システム)の採用により、200hpから211hpにアップ。トルクは280Nmからなんと70Nmアップの350Nmとなる。
反面、燃費はリッターあたり12kmから13.2kmに改良された。
エンジンのパワーアップに伴い、TTロードスターはFFからクワトロAWDに仕様変更。その他、左右2本だしマフラーなどエクステリアにも手が加えられた。



WebCGでは、アウディ(Audi)A7スポーツバック3.0TFSIクワトロの海外試乗インプレッションを掲載した。


 WebCG:A7スポーツバック3.0TFSIクワトロ


アウディA7スポーツバック3.0TFSIクワトロ
 ・全長×全幅×全高=4969×1911×1420mm
 ・ホイールベース=2914mm
 ・車重=1785kg
 ・駆動方式=クワトロ4WD
 ・エンジン=3リッターV6DOHC24バルブ スーパーチャージャー付(300ps/5250-6500rpm、44.9kgm/2900-4500rpm)(欧州仕様車)
 ・トランスミッション=7速S-トロニック




街中のアウディを次々に持ち帰り?


実はこれはアウディのプロモーション。
大量のアウディミニカーにマグネットを装着して、街中の電柱や鎖などに貼り付け。
市民はいぶかしげな表情だったが、マグネットで取り外せるとわかり、次々に持ち帰った。


こういったプロモーションもあるのですね。



アウディは、ミニセグメント「A1」の上位グレード「A1 1.4TFSI」の概要を発表。


アウディA1 1.4TFSIは、直噴の1.4リッター4気筒エンジンに「スーパーチャージャー」と「ターボ」で過給。185hp、25.5kg-mの侮れないパワーを供給する。
低回転域はロスの少ないスーパーチャージャー、高回転域はターボを稼動する。
7速S-トロニックとの組み合わせにより、0-100km/hは6.9秒とかなりの俊足だ。


A1 1.4TFSIは年内にもドイツ国内でデリバリーを開始。現地価格は日本円で約250万円。
日本市場では300万円オーバーは必至だ。


 詳しくはレスポンスで。



アウディ(Audi)は、2010年9月30日から始まる「パリ・モーターショー」でR4スパイダー・コンセプトを出展するのではないかとの情報。


20100921R4.jpg


これまで、アウディR4は「EV(電気自動車)」として進められてきたが、今回はハイブリッドが採用されている模様。
3リッターTDIをミッドにマウントして後輪を駆動するとともに、前輪には2個の電気モーターを配置。
S-トロニックトランスミッションを装備。


フルEVはまだまだインフラが整備されていないため、航続距離に課題が残る。この先10年はハイブリッドが主流になるとの読みか。
アウディR4は、2012年までに1000台が販売され、その成果によって増産を判断することになっているという。



一部の海外誌によると、アウディ(Audi)は、2010年9月のパリ・モーターショーで「RS3」を出展するのではないかと伝えられている。


アウディはすでにRS3の市場投入を2012年としており、その前哨戦としての出展と見られる。
RS3には、TT-RSと同型の2.5リッター直列5気筒/340hpが搭載され、0-100km/h加速は4.6秒。



CarViewレポート


 この10年でアウディはどう変化したか


なるほど感あり。



アウディ(Audi) R4?

アルプスのとあるジャンプスキー場で、アウディが「R4」らしき試作車をヘリで吊り上げている模様が配信されている。



何が目的で宙吊りにしているかは不明だが、ボディラインからアウディの新スポーツEV「R4」である可能性が高いと、海外各誌では盛り上がりを見せている。
もしかすると、今月末のパリ・モーターショーでお披露目があるかもしれない。



アウディジャパンは、RS5の発売と同時に「A5カブリオレ」と「S5カブリオレ」を発売し、一気にラインナップを拡大した。


20100915S5.jpg


S5カブリオレにはV6 3リッタースーパーチャージャーエンジン+クワトロAWDを搭載。A5カブリオレは直4 2リッターターボを搭載。
S5は右ハンドル・左ハンドルを設定、A5は右ハンドルのみ。
価格は、S5カブリオレが939万円、A5カブリオレが648万円に設定された。


従来、アウディでは4ドアのA4をベースにカブリオレを作ってきたが、やはりクーペベースのカブリオレがかっこいいに決まっている。
流麗なボディラインはさすがだ。



アウディジャパンは、2010年9月13日に「アウディRS5」を発売した。

20100914RS5_1.JPG


20100914RS5_2.JPG


20100914RS5_3.JPG
<画像はWebCG http://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000023317.html から引用>


アウディRS5は、450hpを発生する高回転型4.2リッターV8エンジンを搭載。新型のクワトロシステムや7速S-トロニックを装備。


価格は1204万円。



アウディ(Audi)A7スポーツバックのオフィシャルビデオ。




アウディ(Audi)は、2010年9月のパリサロンにおいて、e-tronコンセプトの第2弾を発表するとのうわさが先行している。


第2弾のe-tronは、キャンバストップをまとったロードスターとなり、2つのモーターでリアホイールを駆動。
バッテリーレイアウトを最適化して、F40:R60の重量配分とした。
0-100km/h加速は5.9秒でこなし、約200kmの航続距離を確保しているという。


アウディでは、R4として2012年にはデリバリーを開始するとも伝えられている。



アウディジャパンは、アウディA3 1.4TFSIについて、本年9月末までに成約した方で、エコカー補助金を受けることができなかった場合、10万円の値引きで対応すると発表。



このサイトは、
ATA企画が運営しております。

ご連絡は以下のメールフォームでお送りください。

Powered by SHINOBI.JP