アウディ(Audi) TTオフロードの市販化を決定




アウディ(Audi)は、先に発表した「アウディTTオフロードコンセプト」の市販化を決めた。


アウディTTのイメージを強く残したSUV。
ドアは5枚あるし、車高も高い。
TTなのにSUVという、筆者にはなかなか受け入れがたいモデル。


しかし、これには海より深いわけがあったようだ。


アウディのSUVラインナップは「Q」シリーズだ。
現在は、Q3、Q5、Q7が存在する。


ここに、アウディはQ2、もしくはQ4をラインナップしたかった。
しかし、できなかった。


なぜ?


イタリアのフィアットが、Q2とQ4の商標を登録していたからだった。
アウディは、この商標を譲ってほしいとお願いしたそうだが、そうは問屋がおろさなかったのですね。


それで新型SUVに「Q」のネーミングは諦めた結果、TTの派生モデルでデビューさせようということになり、「TTなのにSUV]というモノが生まれつつある、という流れがあったようだ。


SUVモデルの拡大を標榜するアウディにとって、Q2とQ4が「欠番」になってしまうのは、なかなか痛いところだろうなあ。





-カテゴリ-

このサイトは、
ATA企画が運営しております。

ご連絡は以下のメールフォームでお送りください。

Powered by SHINOBI.JP