アウディ(Audi) バーチャルコクピットをA3に




Autoblog誌によると、アウディ(Audi)は「バーチャルコクピットシステム」を2016年ごろにアウディA3にも搭載する方針を固めたという。


アウディ Audi
画像はAutobulog

バーチャルコクピットとは、通常スピードメーターやタコメーターなどが配置されるメータークラスターを大きな液晶画面とし、映像として各メーターを表示するほか、カーナビゲーションや様々な情報を表示するアウディの先進技術。


これまでハイレンジモデルのみに搭載されてきたが、小型モデルにも搭載されるとなることは、諸兄にとっても朗報と言える。


しかし、オプション設定でなければエントリーモデルのベース価格に少なからず影響を与えるだろうし、あくまでも「物理的メーター」にこだわる方々には歓迎されないかもしれない。


それでも先端技術にはユーザーの関心を引き付ける魅力がある。
プレミアムメーカーのトップを狙うアウディとしては、きわめて野心的なシステムだ。






-カテゴリ-

,
このサイトは、
ATA企画が運営しております。

ご連絡は以下のメールフォームでお送りください。

Powered by SHINOBI.JP