アウディ A2

アウディ(Audi)の超低燃費コンパクト「アウディA2」は、これまで数度にわたって開発と断念を繰り返してきたが、またまた開発が再始動したようだ。



アウディ(Audi)は第2世代のアウディA2の開発を一旦凍結することを決めたようだ。



アウディ(Audi)は、フランクフルトモーターショー2011で「アウディA2コンセプト」を披露。



いよいよ2011年フランクフルト・モーターショー開催間近。アウディ(Audi)ブースの見どころをプレビュー。



アウディ(Audi)は、今月(2011年9月)のフランクフルトモーターショーに出展する「アウディA2コンセプト」のオフィシャルイメージを公開。



アウディ(Audi)は、2011年9月のフランクフルトモーターショーにおいて、電気自動車アウディA2コンセプトを出展すると発表。



Motortrend誌では、アウディ(Audi)が次期A2の2015年リリースに向け開発を進めていると報じた。



アウディ(Audi)CEO ルパート・シュタートラー氏は、アウディA2の復活を表明。


20091202A2.jpg

image [Worldcarfans]


初代アウディA2は、2000~2005年に販売された超低燃費志向モデル。
オールアルミボディによる軽量化と小排気量エンジン、転がり抵抗を軽減したタイヤなどを装備。しかし、販売数は17万6千台にとどまり、ラインオフとなった。
一部のファンには、「時代が10年早すぎた」との思いを持つ方も多く、低エミッション時代を迎えた今日、その復活が叫ばれていた。
A2のラインナップが実現すれば、スタンダードモデルの「A」が1から8まで出揃うことになる。



このサイトは、
ATA企画が運営しております。

ご連絡は以下のメールフォームでお送りください。

Powered by SHINOBI.JP