アウディ A4/S4/RS4

アウディ(Audi)は、主力セダンのスポーツモデル「アウディS4」を発表。


アウディ Audi
画像はWorldcarfans



アウディ(Audi)は、新型アウディA4の価格を発表。




アウディ(Audi)は、新型アウディA4に「マトリックスLEDヘッドライト」を搭載。




Worldcarfans誌では、アウディがテストする新型「アウディA4オールロードクワトロ」をスクープ。


アウディ Audi



アウディ(Audi)が誇る主力モデル「アウディA4」。新型は驚異的な燃費性能を持っていた。



海外各誌では、アウディA4のスポーツモデル「アウディS4」の次期モデルには、よりパワーアップされたエンジンが搭載されると報じている。


アウディ Audi



アウディ(Audi)は、主力セダンの新型「アウディA4/A4アバント」を発表した。


アウディ Audi



アウディ(Audi)は、新型A4・A4アバントを来週月曜日に発表する。


アウディ Audi



GTsprint誌は、アウディ(Audi)がカムフラージュなしのすっぴんでテストしている次期A4をキャッチ。


アウディ Audi



アウディ(Audi)は、次期A4に低燃費の新開発エンジンを搭載すると発表。


アウディ Audi



Worldcarfans誌は、アウディ(Audi)が初めて公道テストする新型「アウディA4アバント」の姿をキャッチ。


アウディ Audi



ここのところ、アウディ(Audi)が新型A4のテストを行っているのがあちこちで目撃されている。
しかし、新しいヘッドライトユニットがお目見えするのは初めてだろう。


アウディ Audi



次期アウディA4の最新スパイ画像が、ネット上に掲載されている。




海外各誌では、アウディ(Audi)が、次期アウディA4に「e-quattro」システムを搭載するだろうと報じている。




アウディジャパンは、2014年11月19日、アウディA4およびA5のリコールを届け出た。



アウディ・オブ・アメリカは、2013から2015年モデルのアウディA4で、エアバッグが正しく展開しない可能性があるとして、リコールを届け出た。



Worldcarfans誌は、テスト中の「次期アウディA4」を掲載。




アウディ(Audi)が誇るRS4には、自然吸気の4.2リッターV8エンジンが搭載されている。




アウディジャパンは、A4/A6オールロードクワトロをカタログモデルとしてレギュラー化して発売。



「ドリキン」こと、レーシングドライバーの土屋圭市氏が、アウディのスーパースポーツ「アウディRS4アバント」をテスト。



アウディ(Audi)のドル箱セダンである「アウディA4」の次期モデルは、もうすこし時間がかかるようだ。



アウディのスポーツモデルの代名詞ともいえる「アウディRS4」。次期モデルの情報が出始めた。



またまたWorldcarfans誌のスクープ。
次期アウディA4のテスト車をキャッチ。



Worldcarfansが伝えるところでは、アウディ(Audi)は、次期アウディA4を2014にリリースするようだ。



まったくノーマークでしたが、アウディジャパンから「アウディA4/A6オールロードクワトロ」が限定発売されました。



プレミアム・カーメーカーで目覚しい進化と成功を遂げる「アウディ」。コンベンショナルなラインナップに加えてSUVモデルを「Q」シリーズとして拡大。
この先にある、新たな方向性とは。



海外誌では、次期アウディA4の情報が掲載され始めた。さて、その戦略とは。



アウディジャパンは、2013年4月10日に新型「アウディRS4アバント」を日本市場で発売する。



アウディ(Audi)A4の2014年モデルの概要が徐々にリークされ始めた。



Autocar.JP誌では、新型アウディRS4アバントの試乗詳細レポートを掲載。必見!



アウディジャパンは、A4ベースのクロスオーバー「アウディA4オールロードクワトロ」を限定200台で追加販売。



アウディ(Audi)は、主力セダンA4の2014年モデルにe-quattroを採用するようだ。



Audi Photo: Audi RS4


アウディジャパンは主力の新型A4/S4を発表した。



海外各誌は、アウディが次期A4で「スーパーアバント」をラインナップすべく開発を進めていると、一斉に報じた。



アウディ(Audi)は、開発を進めてきた新型「アウディRS4」のオフィシャルフォトをリークした。



 アウディ(Audi)の内部文書がリークし、存続が危ぶまれたアウディRS4が2012年のジュネーブ・ショーに出展する可能性が高まった。



アウディ(Audi) RS4情報

Worldcarfans誌では、アウディ(Audi)の次期RS4に関する情報を掲載した。



アウディ(Audi) A4 2013モデル

Autoblog誌は、アウディの主力セダン「アウディA4」の2013モデル(フェイスリフト)を掲載。



WebCGでは、アウディA4アバント vs ボルボV60 vs ベンツCクラスの欧州ワゴンを比較。



アウディ(Audi)は、アウディA4の販売が通算で1000万台に達したと発表。



アウディ(Audi)は、主力セダン「アウディA4」のフェイスリフトを実施。



Autoblog誌は、アメリカでテスト中のアウディA4オールロードクワトロをスクープ。



アウディ(Audi)は、新型「アウディRS4」をニュルブルクリンクでテスト。



アウディジャパンは、「アウディA4 オールロード・クワトロ」を限定300台で追加販売することを決定。



一部の海外誌では、「アウディはA4ベースのプラグインハイブリッドを開発中」と報じている。



アウディ(Audi)は、主力モデル「アウディA4」の2012年モデルをテスト。



アウディジャパンは、アウディA4オールロードクワトロを追加発売する。



WebCG誌は、新たに加わった「アウディA4 2.0TFSI」の試乗レポートを掲載。



アウディ(Aud)は、主力モデルであるアウディA4の500万台目を送り出した。



アウディ(Audi)RS4アバントの試作車が目撃された。



MotorAuthority誌では、アウディ(Audi)は、A4のハイパフォーマンスRS4の次期投入を断念したと伝えている。



アウディジャパンは、A4オールロードクワトロを限定発売した。



以前からうわさされていたが、アウディ(Audi)は、A4オールロードクワトロを発表。



アウディジャパンは、A4 1.8TFSIに充実装備をプラスした特別仕様車を設定。


 アウディジャパン:Audi A4 / A4 Avant 1.8 TFSI Limited


<アウディジャパンから引用>
特別仕様車は、インテリアにシートヒーター付本革シート(フロント)およびキーレスアクセス可能なアドバンスドキーシステム、エクステリアは、専用6アームデザインアルミホイール(7.5J×16インチ)を装着し、内外装の機能性をさらに向上させています。
価格は、「Audi A4 1.8 TFSI Limited」が、4,500,000円、「Audi A4 Avant 1.8 TFSI Limited」が4,680,000円で、総額約50万円相当の特別装備が追加されながら、本体価格はベースモデルの15万円高となっております。
<引用ここまで>



アウディジャパンは、2009年8月4日、主力モデルA4の装備を一部改良して発売した。


主な改良点

・小型ドアミラーをA4とA4アバント全モデル、『S4』、『S4アバント』に標準採用
・LEDリヤコンビネーションランプもA4とA4アバント全モデルに標準採用
・アウディサイドアシストをアダプティブクルーズコントロールとセットで、A4とA4アバント全モデルにオプション設定
・オートマチックテールゲートをA4アバント全モデル、S4アバントにオプション設定


=A4、A4アバント「1.8 TFSI」=
・アウディのデザインアイコンであるウィングタイプLEDポジショニングランプを含む「バイキセノンヘッドライトパッケージ」を標準装備
・3ゾーン独立温度設定フルオートエアコンディショナー、リヤカップホルダー、フロントシートアンダートレーを標準装備


=A4とA4アバント「3.2 FSI クワトロ」=
・細部の改良を積み重ねることで、10・15モード燃費を従来比で約12%向上の10.4km/リットルに改善



アウディ(Audi)チューンのスペシャリスト「MTM」がS4をリリース。


20090715NTMS4.jpg


MTMS4は、333hpの3リッタースーパーチャージャーエンジンを430hp/515Nmまでパワーアップ。
0-100km/hは4.7秒で到達。
19インチ又は20インチの大径ホイール、車高可変調整式サスペンション、4本出しマフラー、強化ブレーキなどパワーアップに対する備えも万全。



アウディ(Audi)は、A4シリーズに超低燃費ディーゼルモデル「A4TDIe」を追加。


20090430ATDIe.jpg


A4TDIeには、2リッター直4ターボディーゼルを搭載。エンジンマネジメントの見直しにより136hpに抑えられるが、欧州複合モードにおける燃費性能とCO2排出量は、A4・2.0TDIeが21.7km/リッターと119g/km、A4アバント2.0TDIeは、20.4km/リッターと129g/kmとなり、クラストップレベルの優れた環境性能を達成。


6速MTが装備されているが、アウディ初となる「アイドリング・スタート・ストップシステム」が搭載された。
ギアをニュートラルにしてクラッチをリリースすると、エンジンがストップ。
再度クラッチを踏み込むと、エンジンが始動するシステム。
今後、ATモデルにも適用されることは間違いなさそうだ。
メーターパネルには、省エネ運転用のシフトインジケーターや、燃料消費量表示などが備えられ、ドライバーに省エネ運転を促すことも忘れていない。
さらに、ブレーキング時のエネルギーを電気に変換する、回生ブレーキシステムの装備など野心的なモデリングとなっている。
0-100km/h加速9.5秒、最高速度215km/hと、実用上十分な運動性能も兼ね備えている。


わが国のディーゼル規制は世界一と謳われるが、あまりに厳しくて新型ディーゼル車を受け付けられない状況にある。
欧州では、もともとディーゼルの普及率が高いうえ、近年、クリーン・ディーゼルの充実が著しい。
日本も世界から取り残されないよう、段階的な規制強化などを考える時期に来ているのではないだろうか。



アウディジャパンは、A4の高性能モデル「S4」をラインナップに追加した。
お値段は、セダン785万円、アバント803万円。


S4詳細 >>> 日経トレンディ



アウディ(Audi) A4


アウディ(Audi) Q5


アウディのクルマつくりには、「愛」を感じます。
皆さんの誇りある表情が印象的。



アウディ(Audi)は、ジュネーブショー2009で「A4オールロードクワトロ」を発表。


カカク.comでは、いち早く詳細スペックを紹介している。


 カカク.com 【ジュネーブ09】A4オールロードクワトロ世界初公開



アウディA4オールロードクワトロのCM動画が、早くもyoutubeに登場。



はっきり言って、カッコイイ。
A6ARQが売れなくなっちゃうのでは?



どうやらアウディ(Audi)は、A4オールロードクワトロを正式発表したようだ。


Gooネットから引用

独アウディは2月15日(現地時間)、新型クロスオーバーモデル「A4 オールロード・クワトロ」を発表した。2009年夏に欧州市場で発売される予定。

A4 オールロード・クワトロは、ステーションワゴン「A4 アバント」をベースに、オフロード性能を高めたモデル。ボディサイズは全長4720mm、全幅1840mm、全高1500mm、ホイールベースは 2810mm。全高が60mm高くなるなど、A4 アバントより若干サイズアップしている。

エンジンは3種類用意され、ガソリンの2.0リッター直噴ターボの「2.0TFSI」。ディーゼルの2.0リッターターボの「2.0TDI」と、 3.0リッターV6の「3.0TDI」という構成。最高出力は、それぞれ155kW(211hp)、125kW(170hp)、 176kW(240hp)。トランスミッションは、2.0TFSIと3.0TDIは7速Sトロニック、2.0TDIには6速マニュアルが組み合わされる。また、7速Sトロニック搭載モデルには、3種類の走行モードが選択できる「アウディ・ドライブ・セレクト」がオプションで用意される。

そのほか、ライトのハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスタント」、走行車線を維持する「レーンアシスト」、車線変更を支援する「サイドアシスト」などを装備。さらに2分割のパノラミックグラスルーフ、3ゾーンエアコンなどを採用する。メーカー希望小売価格は、3万7100 ユーロ(日本円で約430万円)から。

引用ここまで

正直、ほしい一台ではないでしょうか。
A4自体がA6並の豪華版なのですから。

日本円換算で430万円とはいえ、日本市場では軽く500万円オーバーまちがいなしでしょう。



MotorAuthorityは、アウディは「A4 オールロードクワトロ」を来月2009年3月のジュネーブショーで発表するとの情報を公開し、イメージフォトまで掲載。


20090215A4ARQ.jpg


A4ARQ(All Road Quattro)は、A4アバントをベースに、ヘビーデューティに仕上げられ、180mmのロードクリアランス、樹脂モールで拡大されたフェンダーアーチ、専用のフロントマスクなどにより、全長4.72m、全幅1.84m、全高1.5m、ホイールベース2.81mとなり、A6ARQにも引けをとらない重厚さを纏う。


エンジンは、2リッターターボ(211hp、250Nm)、2リッターTDI(170hp、350Nm)、3リッターTDI(240hp、500Nm)の3タイプが用意され、2リッターターボモデルでは、0-100km/hを6.9秒で駆け抜ける俊足も手に入れる。


さらに、市場への投入は、今年半ばにも実現するというのだ。


いきなりの情報リークは、アウディの戦略なのか?
続報に注目したい。



Carscoop誌によると、アウディは、2009年3月のジュネーブショーで、「TT-RS」と「A4 Allroad」の2モデルを発表するとの情報を得たという。
リークされた情報は以下のとおり。


=TT-RS=

フォルクスワーゲンUSの2.5リッター5気筒エンジン(おそらくゴルフのUS仕様に搭載されるV型5気筒)をターボで過給し、340hpのハイパワーを得る。
当然、クワトロAWDを装備。
ハイパワーに対応した大容量のS-トロニック。
クーペとロードスターの2タイプを同時発表。


=A4 Allroad=

A4アバントをベースに、ラフロードでの走破性をアップ。
ホイールアーチを拡大するとともに、大径ホイールを装備。
路面状況に応じて車高調整可能。
バンパーデザインを変更。



アウディ(Audi) S4 CMビデオ


アウディジャパンは、2008年11月2日アウディの主力モデル「A4」にS-Lineパッケージを設定したと発表。


<S-lineパッケージ内容>
 ・S-line専用フロント/リヤバンパー、サイドシル
 ・S-lineエンブレム(サイド)、ドアシルプレート(S-line専用)
 ・S-line専用サスペンション(クワトロGmbH製)
 ・S-line専用5スポークデザインアルミホイール(8.5Jx18)+245/40R/18タイヤ
 ・S-line専用フロントスポーツシート(エンボス加工ロゴ入り)
 (1.8TFSIはスプリントクロス+レザー、3.2FSIクワトロはミラノレザー)
 ・S-line専用マルチファンクションスイッチ&パドルシフト付本革巻3スポーク スポーツステアリングホイール
 ・マットアルミニウムパネル、ブラックヘッドライニング


<S-lineパッケージ価格>
 A4/A4アバント 1.8TFSI 装着時 480,000円(税込)
 A4/A4アバント 3.2FSI クワトロ 装着時 420,000円(税込)



アウディ(Audi)は、中国市場向けにロングホイールベースの「A4L」を投入すると発表。


20081118A4L.jpg


アウディA4Lは、A4の後部座席部分を2.36インチ(約6センチ)延長。
エンジンは180hpの2リッターターボと265hpの3.2リッターの2種類が用意される。
ロングホイールベース化による効果は、



レスポンス誌では、アウディA4の試乗レポートを一気に掲載。
多彩な大物ジャーナリストがするどくチェック。


注)記事閲覧には、レスポンスメンバー(無料)に登録が必要です。



アウディ(Audi) S4のテストビデオ。
3リッターV6スーパーチャージャー+クワトロAWDの真価は。





アウディNewS4のテストドライブビデオ。



アウディS4

 3リッターV6スーパーチャージャー 333hp
 0-100km/h 5.1秒



アウディジャパンは、新型アウディ『A4』と新型アウディ『A4アバント』が特定非営利活動法人の日本自動車殿堂(JAHFA)が選定する「2008 - 2009日本自動車殿堂インポートカーオブザイヤー」を受賞したと発表した。

日本自動車殿堂は、



アウディS4セダン/アバント フォトギャラリー


 Carscoop:Audi S4 Sedan and Avant: New Photo Gallery / Wallpapers


20081022S4.jpg


200810022S4_2.jpg



気になる話

BMW3シリーズがマイナーチェンジされたようだ。


しろいろと装備の改善等あるだろうが、注目すべきは、

「全幅を15mm縮小し1800mmとした。

ことだ。


BMW3シリーズは、



アウディ(Audi) A4 TDI "e"

アウディ(Audi)はパリモーターショー2008で、超低燃費コンセプト「アウディA4 TDIe」を発表。


20081003A4.jpg


"e"は勿論エコの"e"。
A4TDIeは、2リッターTDI(ディーゼルターボ)エンジンを搭載。
120hp/290Nmでエコカーでありながら、余裕の走りも実現。


運動性能は、



アウディ(Audi)は、A4のハイパフォーマンスモデル「S4」のディテールを発表した。


20080923S4.jpg


アウディのオフィシャルレポートによると、



MotorAuthority誌は、ニュルブルクリンクでテスト中の「A4AllRoad」をスパイした。


 MotorAuthority:2009 Audi A4 Allroad


オールロードは、現在A6に設定されているON/OFF両方面での能力を追求したモデルで、アウディ自ら「他に競合するライバルは不在」と語る。
悪路での走破性を高めるための車高調整機能とクワトロAWDが備わるほか、ワイルドな樹脂製オーバーフェンダーなど巧みな演出が施されている。


そして、以前からささやかれていた「A4AllRoad」がようやくロードテストに入ってきたということになる。
写真では、



アウディジャパンは、8月19日からA4アバントの国内販売を開始した。


ラインナップは、セダンと同様に1.8リッターターボ(FF)と3.2リッターV6(クワトロAWD)の2種類。
8月23日・24日は全国のアウディショールームでセールスフェアを開催。


■車両本体価格とスペック



新型A4アバントは、最も美しいステーションワゴンの一台だろう。


20080811A4.jpg


今回のモデルチェンジでは、伸びやかに大きくなり、ワイド&ローが強調され、ますます洗練度を増した。
ラインナップは、3.2リッターV6+クワトロと1.8TFSIの2種類。
欲を言えば、2リッターターボ+クワトロがほしいところだが、これは今後のお楽しみ。


WebCGでは、両モデルをしっかりレポートしている。
特に1.8TFSIは、なかなかの実力モデルのようだ。


WebCG:アウディA4アバント




2008年7月29日、アウディ(Audi)ジャパンは、新型A4アバントを国内発表。同年8月19日から全国のアウディディーラーで販売を開始する。


セダン同様にインテリジェンスを感じさせる伸びやかなフォルムは、アバントとなってさらに際立つ。
先代と比べても、ワイドアンドローが強調され、格段に洗練された。




アウディ(Audi)は、アウディ A4 2.0 TDI(6速MT)による低燃費トライアルを実施。
なんと、標準装備の燃料タンク65リッターで、スイス・バーゼルからオーストリア・ウィーンの往復約1650kmを3日かけて、しかもその間無給油で走りきろうというもの。
完走できれば、リッターあたり25.4kmということになるのだが、その結果は。



アウディ(Audi)は、3リッターV6スーパーチャージャーエンジンに関する情報を公開した。


20080527V6.jpg


近年アウディでは、高出力と低燃費を両立するため、「排気量の縮小」と「ターボによる加給」を軸として、2.0TFSI、1.8TFSI、5.2V10ツインターボ(RS6)をリリース。
特に前2者は、A3やTTに搭載し高い評価を受けたところ。


しかしアウディは、更なる進化を求めてスーパーチャージャーの採用を進めている。



DrivingFutureの試乗レポート。
注目のハンドリング、ドライブフィールを中心にレポートされています。

 DrivingFuture:アウディA4 3.2FSI クワトロ




十分なパワーと広いトルクバンド、高燃費などで評価が高いアウディの2リッター直4直噴ターボエンジンがバージョンアップされ、驚異的な進化を遂げたようだ。


20080328_2.0T.jpg



アウディ(Audi)A4の国内発売には各誌とも敏感に反応しているようだ。



アウディジャパンは2008年3月18日からNewA4の発売を開始した。



アウディジャパンは、NewA4の国内デビューに先駆けて、「New Audi A4 Premier Driving Experience with Exclusive Work Shop」に30名を招待する。



アウディ(Audi)はジュネーブモーターショーにおいて、2008年モデルのA4DTMマシンを発表。


20080306A4DTM.jpg



2008年ジュネーブモーターショーのアウディブースのビデオ。



アウディではNewA4セダンの先行予約を開始したが、その国内ラインナップと価格が判明。




アウディジャパンは、いよいよ国内発売がせまるNewA4セダンのプレオーダーキャンペーンを開始した。



アウディ(Audi) 2008A4DTM

アウディ(Audi)は、2008年3月4日ジュネーブショーで2008モデルのA4DTMマシンを発表する。
昨年の覇者アウディのさらなる活躍に期待しよう。

詳細はおってお知らせしたい。




TopSpeed誌は、アウディS4アバントと思しきテストカーをスクープ。



2007年3月のジュネーブショーでデビューするアウディA4アバント。
その詳細フォトをCARSCOOPが一挙に公開。


20080225A4avant.jpg




ついにアウディ(Audi)New!A4アバントのオフィシャルビデオが公開された。



アウディ(Audi) RS4&R8

アウディが誇るスーパースポーツの代名詞であるRS4とR8。ともに4.2リッターV8を積むがその走りは対照的だ。
この2匹の猛獣をサーキットでテスト。



アウディ(Audi)はA4をベースにした「オールロード」の新ラインアップを開発中と見られる。



アウディ(Audi) A4の新CM

アウディ(Audi)A4の新たなCMビデオ。



アウディ(Audi)A4の予約が好調

アウディNew!A4のバックオーダーが好調に伸びている。



ドイツ3大メーカーのスポーツセダン対決ビデオ。



MTM RS4スーパーチャージャー

MTMがRS4をチューンするとこうなる、的ビデオ。



アウディはNewA4に「S-Lineスポーツパッケージ」を追加した。



アウディ(Audi)S4はターボ?

Audi World誌は、次期S4はターボエンジンを搭載すると伝えている。



アウディA4オールロードがスクープされた。


20071117audia4allroad.jpg



アウディNew!A4は、ドイツの"Bild am Sonntag"誌によるニューモデル評価において、ミッドサイズセダンの部門で「ゴールデン・ステアリング・アワード」に輝いた。



アウディNew!A4の試乗インプレッション。
国内誌でははじめての記事です。



アウディ(Audi)RS4 vs Lexus IS-F

アウディ(Audi)RS4Lexus IS-Fのテストビデオ。



フランクフルトモーターショーでデビューしたアウディ(Audi)A4
国内誌初のドライビングインプレッションです。



アウディAGは、2008年アメリカ市場に3.0リッターTDI(ターボ・ディーゼル)を投入する。



アウディNew!A4のインプレッションビデオが続々と配信されています。
しばらくはA4ビデオラッシュが続きそうですね。



AutoExpressUKでは、早々とA4のテイストドライブビデオを公開した。
当サイトの知る限り、最速ではないだろうか。



アウディ(Audi)A4アバント2009

アウディ(Audi)のNew!A4アバントのイメージフォトが「MotorAuthority」で公開されましたが、同イメージの全景版が「Inside Line」から公開されています。



アウディ(Audi) NewA4アバントのイメージフォト。



アウディ 教習車両を納品

 アウディ金沢は27日、富山県高岡市の「高新自動車」にA4の教習車両10台を納品した。



アウディNew!A4フォト

フランクフルトショーでデビューしたアウディNewA4のフォトです。



New!A4コンバーチブル

フランクフルトでデビューしたアウディNewA4であるが、コンバーチブルモデルの情報がリークされた。


まずはこちら:TopSpeed


New!A4コンバーチブルの登場は2009年。
セダン同様にワイドで流れるようなデザインで、セダンよりも「自然」な感じである。
セダンのウエストラインよりもリアに向かって上がっているように見える。
おそらくルーフの格納スペースを確保するためトランク部が若干高くなり、ウエストラインで収束させた結果だと考えられる。
このウエストラインにより、躍動感が強く感じられるデザインになっている。
またオープン時には「ワイド・ロー」のフォルムも際立ち、一クラス上の存在感を感じることができそうだ。


ガソリンエンジンは、セダン同様1.8TFSI及び3.2FSIが用意される。
160hpの1.8TFSIモデルでも0-100km/h加速は8.4秒となかなかの俊足。


S4コンバーチブルも、もちろん同時進行中であり、こちらは350hpの4.2FSIエンジンを搭載する。
登場時期は残念ながら明かされていない。



NewA4のお値段

アウディUKは、NewA4の価格を発表しました。


プライスレンジは、エントリーモデルの1.8TFSIを22,590ポンド(約527万円)から、3.2FSIの30,290ポンド(約706万円)。


英国市場での価格なので、日本導入時にいくらに設定するかは不明ですが、BMW3シリーズが21,035ポンド(約491万円)となっているので、日本でもそのくらいの価格帯に設定されるのでなないでしょうか。
ちなみに日本は、BMW320iセダンが411万円となってますので、A4 1.8TFSIは430万円くらい?



RS4vsBMW M3 ビデオ

アウディのピュアスポーツ「RS4」とBMWの雄「M3」の比較テストビデオ。


RS4は4.2リッター、M3は4.0リッターと排気量の違いはあれど、共に420hpV8エンジンを持つ。
駆動方式はRS4がAWD(クワトロ)であるのに対し、M3は伝統のFRだ。
0-100kn/h加速では、共に4.8秒というスペックを持つ両者であるが、その走りをサーキットで試す。


M3は(サービス精神旺盛なドライバーの影響もあるが)FRならではのドリフトで豪快に振り回していくのに対し、RS4はかたくなに路面を捕まえて離さないスタイルが対照的である。


華やかな牛若丸(M3)といぶし銀の弁慶(RS4)といったところであろうか。
一般ユーザーレベルにおいては、RS4の「破綻しない」スタビリティの高さは、大きなアドバンテージになるだろう。



New「S4」スパイフォト

アウディNewA4は、フランクフルト(IAA)でデビューしたが、そうなると当然のことながらS4RS4の登場が待ち望まれる。


MotorAuthorityでは、最新S4のスパイフォトを掲載。

S4は2009年の中旬あたりにデビューの予定。
エンジンはおなじみの4.2リッターV8FSIで、現スペックの340hpを上回るセッティングになると思われる。
トランスミッションは6速マニュアルに加えて、6速ATもチョイスできる。
もちろんクワトロAWDは標準装備。また、先に発表した「スポーツ・ディファレンシャル」を組み込むことにより、よりダイナミックなハンドリングを実現する。


一方、RS4は、2009年末あたりと見られている。
こちらも、エンジンのパワーアップとスポーツ・デフにより、現行モデルをしのぐパフォーマンスを与えられるのは容易に想像できる。


情報ソース:MotorAuthority(8Photos)



アウディA4カブリオレ2.0TFSI S-LineにSpecialEditionが追加された。


仕様は、2.0TFSI S-Lineパッケージに、


・18インチアロイホイール(7アーム、ダブルスポークデザイン)+235/40R18
・ローダウンスポーツサスペンション
・ブラックポリッシュ・フロントグリル
・S-Lineフロントバンパー、リアバンパー(ディフューザー)
・キセノンヘッドライト
・ナッパレザー・スポーツシート
・S-Lineスポーツステアリング


が追加装備される。


また、グレードアップとして、

・6連装CDチェンジャーつきシンフォニー・オーディオ・システム(10スピーカーBOSE)

・リア・パーキングセンサー
・アルミニウム・フットペダル


などが用意される。


これだけの充実した内容であるが、残念ながら現時点では、日本での販売は報じられていない。




A4DTMオンボード

アウディA4DTMのオンボード映像です。

ドライバーはハインツ・ハラルド・フレンツェン(2006年)。




A4コマーシャル・ビデオ

アウディA4の新たなコマーシャルビデオです。

やっぱりオチは、美女なんですねえ。



A4 2.0TDI eConcept

フランクフルトモーターショーでデビューを果たしたNewA4だが、TDI(ディーゼル)も開発進行中だ。


新たなTDIエンジンは、高効率と高出力を両立した逸品で、100kmを走行するために必要な燃料は、わずかに4.9リッターである。
Co2排出量は129g/kmとなり、2012年のEU基準をクリアする低エミッション性能を発揮する。


また「e」はマイクロハイブリッドを意味し、エレクトリック・マネジメントにより、アクセルオフやブレーキ時の力で回生発電しジェルバッテリー蓄電し、発電機によるパワー損失を大幅に軽減し、すぐれた燃費性能に貢献する。


2.0TDIエンジンは、1800バールという超高圧でシリンダー内に燃料を噴射しすることにより燃焼効率を高め、最高出力は143bhp、最大トルクは320Nmを発生し、走りの点でも満足のいく仕様となる。
0-100km/h加速は9.3秒、最高速度は213km/hにも達し、80-120km/h加速は5速固定で8.7秒。


欧州ではディーゼルエンジンが低エミッションの主役となっているだけでなく、スポーツ性能でも飛躍的な進歩を遂げている。
どうやら、日本はすっかり取り残されてしまったようだ。



フランクフルトモーターショーにアウディが出展するA4の最新フォトです。


Photo by Carview



A4の特別仕様車を販売

アウディジャパンでは、現行A4の特別仕様車を拡大して「A4ラグジュアリーライン・プラス」と「A4ダイナミックライン・プラス」の販売を開始。

A4はドイツ本国で11月にモデルチェンジですが、いまのところ日本への導入時期は未確定。
現行A4はモデルチェンジ前の完成度の高い仕様となっているので、時期A4が「大きすぎ」とお考えの方には朗報といえる。
さらにスポーツサスペンションのS-Lineパッケージや本皮シート・豪華内装のSEパッケージの組み合わせなどを破格で提供しているのも魅力。

以下詳細は、アウディジャパン公式サイトからの引用です。


Sep 10, 2007
● 全モデルが HDDナビゲーションシステムを標準設定
● 「ラグジュアリーライン プラス」と「ダイナミックライン プラス」を新規設定
● 3.2 FSIクワトロ モデルに「SEパッケージ」を標準設定
アウディ ジャパン株式会社(代表取締役社長:ドミニク・ベッシュ、本社:東京都世田谷区)は、アウディA4/A4アバント全モデルの標準装備を見直し、さらに「ラグジュアリーライン プラス」と「ダイナミックラインプラス」を新規設定して、10月1日(月)より全国のアウディ正規ディーラーネットワークを通じて発売します。

アウディA4/A4アバントは、アウディジャパンの全販売台数の4割強を占める最重要モデルです。現行アウディA4 / A4アバントは2005年2月に日本導入以来、堅調な販売で推移してきました。特にステーションワゴンタイプのA4アバントは、輸入車のこのセグメントにおける代表的なモデルとして高い人気を誇っています。

今回、アウディジャパンの販売を担うこの重要なモデルラインの主要装備を見直し充実させるとともに、「ラグジュアリーライン プラス」と「ダイナミックラインプラス」を新規設定し、戦略的な価格で提供することにより、アウディA4のさらなる顧客ベースの拡大を狙ってまいります。

今回の変更点
アウディA4 / A4アバント 全モデル (3.2 FSIクワトロは、以前より標準装着)
● HDDナビゲーションシステムを標準設定 

アウディA4 / A4アバント 3.2 FSIクワトロ
● 「SEパッケージ」を標準設定

アウディA4 / A4アバント ラグジュアリーライン プラス (2.0、1.8T、2.0 TFSI クワトロモデルに設定)
消費税込み全国希望小売価格は、各グレードベースモデルの300,000円高。
従来オプションパッケージであった「SEパッケージ」をメインに標準装備としたコンフォート仕様
サイドエアバッグ(リヤ)、レインセンサー/オートライト、カミングホーム/リービングホームライト機能、自動防眩ルームミラー、ストレージパッケージ、サーボトロニック(2.0 TFSIクワトロは標準装備)、本革シート(ボルテラ)、シートヒーター(フロント)、ウッドパネル、APS(リヤ)、クルーズコントロール
バイキセノンパッケージ(バイキセノンヘッドライト、ヘッドライトウォッシャー、自動ヘッドライトハイトコントロール)
ダブルスポークデザインアルミホイール(7.5J x 17)、235/45 R 17タイヤ

アウディA4 / A4アバント ダイナミックライン プラス (3.2 FSI クワトロ モデルに設定)
消費税込み全国希望小売価格は、各グレードベースモデルの390,000円高。
従来オプションパッケージであった「SEパッケージ」と「S-lineパッケージ」を標準装備としたスポーツ仕様
サイドエアバッグ(リヤ)、オートライト/レインセンサー、カミングホーム/リービングホームライト機能、自動防眩ルームミラー、ストレージパッケージ、サーボトロニック(2.0 TFSIクワトロは標準装備)、本革シート(ボルテラ)、シートヒーター(フロント)、ウッドパネル、APS(リヤ)、クルーズコントロール、フロント&リヤS-line専用バンパー、トランク一体型リヤスポイラー(セダン)、ルーフスポイラー(アバント)、サイドドアアンダープロテクター、S -lineドアシルプレート/エンブレム、スポーツシート(ボルテラレザー)、スポーツサスペンション、バイキセノンヘッドライト、ヘッドライトウォッシャー、自動ヘッドライトハイトコントロール
ティプトロニックパドルシフト付本革巻き3スポーク スポーツステアリングホイール
7ツインスポーク18インチアルミホイール(8J x 18)、235/40 R 18タイヤ



NewA4アバントスパイフォト

アウディのNewA4はフランクフルトモーターショーでお披露目となり、露出度も高かったのですが、A4アバントの情報が出てきませんでした。

しかしWorldCarFansが、ようやくアバントの姿をスクープ。

Photo by WorldCarFans

リアビューは現行(B7)のテールライトの意匠を中心に受け継いだものとなっています。

個人的には、リア周りのデザインが少々ダルに感じられます。
サイドのウエストラインを引き上げ、テールライトももう少し大型化して、シャープなイメージとしたほうが「らしい」と思うのですが。



NewA4ビデオ

もうご覧になった方も多いと思いますが、NewA4の紹介ビデオです。

A4の質感がよくわかります。



NewA4

アウディ(Audi)NewA4の全貌がついに明らかになりました。

A5譲りの美しいフォルム。
しかしこのフォルムは美しさだけではなく、機能美だったのですね。
A5と共有するプラットフォーム、クラッチ部に移設されたデファレンシャルにより、フロントアクスルを154mmも前方移動し、短いオーバーハングと長いホイールベースを確保。
ショートオーバーハングにより非常に引き締まったフォルムに仕上がっています。
後方に向かってなだらかに上ってゆくサイドのプレスラインやボンネットからボディに続くキャラクターラインが精悍なイメージを与えます。

エンジンは1.8リッターのTFSIとアウディ・バルブリフト・システムによりパワーアップと低燃費が施された3.2リッターFSIエンジンをベースに本国ではディーゼルも用意される。
また、トランスミッションはDSGのほかに6MT、ティプトロ6AT、マルチトロニックCVTが選択可能。

全幅1824mmと相当にワイドかされたボディにもかかわらず、重量は1410kgの軽量に仕上がっている。この重量はA3よりも軽量であることに驚かされる。
1.8TFSIで100km/h加速を8.6秒、最高速は225km/h(6速MT仕様)をマークする。

ボディの拡大は、パッセンジャーエリアの拡大に貢献し、リアシートは従来に比べ、36mmのアドバンテージをもたらす。

足回りやステアリング系も新設計され、バリアブルダンパーやアウディ・ダイナミック・ステアリングにより、リニアなステアフィールを実現。ロックtoロックは約2回転となる。

安全面でも車線逸脱警報「アウディ・レーンアシスト」や後方死角走行車をサイドミラーのLEDで知らせる「アウディ・サイドアシスト」の装備など次世代安全装備も充実。

ボディタイプもB8となるNewA4だが、アウディのスタンダードモデルへの意気込みを感じさせる逸品となりそうだ!

これだけの基本性能の高さであれば、おって発表されるS4・RS4にも更に要注目だ。

ちょっと心配なのは、1826mmの全幅が日本の駐車場事情にマッチするかどうかだが・・・

詳しくは日本語でよくわかるDrivingFuture



次期A4続報

アウディ(Audi)の次期A4のディメンジョンが明らかになった。

全長4.7m、全幅1.83mとなりかなりワイド化された。
ワイドボディ化により重量物のレイアウトにも自由度が生まれ、理想的な重量配分が可能となり、すぐれたハンドリングを提供してくれそうだ。



アウディ(Audi)から次期A4のオフィシャルイメージがリークされました。

次期A4は、9月のフランクフルトモーターショーで発表。
なかなかにエレガントなフォルムはA5のイメージを持つ。

ベースグレードには160hpの1.8リッターTFSI、トップグレードには260hpの3.2リッターV6FSIエンジンを搭載。

情報ソース:TopSpeed(イメージフォトあり)



次世代A4

アウディの次世代A4に関する情報。

NewA4は2009年にリリースされるとのこと。
フロントマスクはヘッドライトのLEDデイライトが装備されA5のイメージが盛り込まれる。
また、サイドのキャラクターラインも明確になり、より精悍さが増したフォルムに。
エンジン、トランスミッションをはじめプラットフォームや機構もA5と共有するものが多い。
FFのスタンダードモデルからRS4を含むクワトロまでのモデルがラインナップされる。

詳しくはMotorAuthority



S4アバント 試乗記

Joyさんのblogの記事から。 ユーザーさまの目線でコメントされています。 詳しくはThe Riddle

RS4試乗のチャンス

アウディ秋田では、4月7日(土)と8日(日)の二日間でRS4の試乗会が催されます。 お近くの方は是非お立ち寄りください。 詳しくはアウディ秋田

RS4アバント/カブリオレの動画です。 RS4の強調されたオーバーフェンダーは、走っているときこそその美しさがわかりますね。 かなり攻め込んだ映像もあり必見です。珍しいカブリオレも収録されています。 動画もキレイに再生されます。 この動画はYoutube

New A4

そろそろモデルチェンジが噂されているNew A4に関する記事です。 全体のフォルムはキープコンセプト方向ですが、フロントマスクが引き締まった感じです。(見方によってはHONDAアコードのようにも見えますが) エンジンとデファレンシャルを分離配置することで、エンジンを後方に配置し、フロントのオーバーハングを切り詰め、フロントヘビーが改善される。 4輪操舵と新たなブレーキシステムの導入。 4気筒エンジンは従来より若干パワーアップされ、115から215馬力、V6・V8エンジンは250〜500馬力。 などが予測されています。 詳しくはTopSpeed

アウディS4vsランエボvsインプレッサの対決動画。 国産の2強とS4を交えた対決動画です。 速さではランエボのようですが、安定感ではS4(かなり贔屓目?)のように写っています。 目指す方向性が違う3者の比較がおもしろいところ。 詳しくはモータースポーツの館

A4 2.0TFSI試乗記事

アウディA4 2.0TFSIの試乗記事。 ドライブフィールや内外装を詳しく解説しています。 フォトは10枚。 詳しくはGooWorld

A4 DTM Limited

アウディA4DTM仕様発表会の模様。 仕様や装備を詳しく解説しています。 内外装を中心にフォト11枚。 -A4 DTM Limited- 2.0TFSIをベースに、専用カーボン製前後スポイラーや専用ファントムブラック仕様のフロントグリル、専用ディフューザーを装備。 また、S4同様のレカロシートや、クワトロ社(quattro GmbH)製スポーツサスペンションを採用。 価格は459.0万円 詳しくはcorism

S4 フォト

アウディS4のフォト19枚を掲載しています。 詳しくはautobytel-japan.com

アウディA4アバント 2.0TFSIクワトロの試乗レポート。 アウディの中でも最もデザインバランスのよい「A4アバント」。 2リッターFSIターボ(200ps)にクワトロシステムを与えられた動力性能を10枚のフォトで解説しています。 詳しくはWebCG

RS4 試乗レポ

アウディRS4の試乗レポです。 4.2リッターV8を搭載するRS4の実力を10枚のフォトで解説しています。 詳しくはWeCG

RS4アバント 試乗記

アウディ RS4アバント 試乗記 アウディが誇るスーパースポーツワゴン。 その実力や日常性を解説しています。 詳しくはWebCGで (前編) (後編)

ル・マンウイナーの荒聖治さんがアウディS4を詳しくレポートしています。 詳しくはvividcar.com

A4 DTM Limited(動画)

アウディ A4 DTM Limited発表会の模様を動画で配信。 動画は小サイズで13.9MB 詳しくはCar@nifty

S4

A4のチューンドモデル「S4」の試乗記事。 344馬力のV8エンジンを搭載するS4のパフォーマンスを紹介しています。 フォトは4枚。 詳しくは@CARS:YOMIURIONLINE

RS4 試乗レポート(動画)

アウディ(Audi)A4のハイパフォーマンスモデル「RS4」 「ツインリンクもてぎ」でのサーキット動画レポートです。 佐藤久実さんの迫力のドライビングが見ものです。 詳しくはDrivingFuture

このサイトは、
ATA企画が運営しております。

ご連絡は以下のメールフォームでお送りください。

Powered by SHINOBI.JP