アウディ A6/S6/RS6

アウディのチューニングを手掛ける「ABT」が、S6アバントをチューン。


アウディ Audi



ジョン・オルソンがチューンすると、アウディRS6アバントも1000馬力オーバーに。


アウディ Audi



アウディ(Audi)は、ミドルクラスサルーン「アウディA6」のフェイスリフトを発表。



アウディジャパンは、A4/A6オールロードクワトロをカタログモデルとしてレギュラー化して発売。



Car&Driver誌をはじめとする海外各誌では、アウディ(Audi)が、モンスターワゴン「アウディRS6アバント」をさらに獰猛にした「Plus」モデルを設定すると伝えている。



Worldcarfans誌は、2015年モデルのアウディA6を捕らえた。



アウディジャパンは、ミドルクラスサルーン「アウディA6」に4気筒2リッターターボモデルを追加。



アウディRS6試乗記事ですが、「時事コム」のがわかりやすくて良かった。



アウディ(Audi)チューナーとして有名な「ABT」から、アウディRS6のチューニングプログラムが発売された。



まったくノーマークでしたが、アウディジャパンから「アウディA4/A6オールロードクワトロ」が限定発売されました。



アウディジャパンは、究極のハイパフォーマンスカー「RS」を3モデル一挙に発売した。



アウディ(Audi) RS6アバント vs メルセデスベンツCLS63AMG の対決ビデオ。



アウディ(Audi)は、最強のプレステージワゴン「アウディRS6」の新たなコマーシャルビデオを公開。



アウディ(Audi)は、2013年ジュネーブショーで最強のステーションワゴン「アウディRS6アバント」を発表。



Carscoop誌が掲載したアウディRS6アバントabtとカワサキZX-10Rのアウトバーン・バトル。



Worldcarfans誌によると、アウディ(Audi)は、スーパースポーツワゴン「RS6アバント」にさらなるパワーをトッピングした「アウディRS6 Avant Plus」を開発中であるという。



2013年の世界的なモーターショー「デトロイト・モーターショー(NAIAS)」でアウディは、A6ベースの新しいコンセプトカーを発表するようだ。



アウディ(Audi)は、次期RS6のオフィシャルビデオをYoutubeで公開。



アウディ(Audi)は、次期RS6のオフィシャルフォトを公表した。



アウディジャパンは、日本市場でアウディ初となるハイブリッドモデル「アウディA6ハイブリッド」を発売した。



アウディ(Audi)は、次期RS6アバントをニュルブルクリンクでテスト。



アウディ(Audi) 次期RS6

Autocar誌では、次期アウディRS6について、次の情報を掲載した。



海外情報では、アウディ(Audi)が、ミドルクラスサルーン「A6」に2リッターターボエンジン搭載を計画していると報じた。



アウディ(Audi) 新型RS6

Worldcarfans誌では、新型アウディRS6の画像を掲載した。



アウディ(Audi)は、ハイエンドスポーツ「アウディRS6」の次期モデルをニュルブルクリンクでテスト。



アウディ(Audi)は、2012年ジュネーブショーで、A6オールロード・クワトロを発表した。



アウディジャパンは、新型A6をラインナップに追加し、2012年2月下旬からデリバリーを開始する。



アウディ(Audi)は、新型RS6をテスト。



アウディ(Audi)は、新型A6オールロードクワトロを発表。



アウディ(Audi) A6アバント

Audi.TVでは、新型アウディA6アバントのCMビデオを掲載。



オートックワンでは、アウディA6、BMW5シリーズ、メルセデス・メンツEクラスを徹底比較。



新型アウディ(Audi)A6 2.8FSIクワトロのちょっと辛口な試乗インプ。



いよいよ2011年フランクフルト・モーターショー開催間近。アウディ(Audi)ブースの見どころをプレビュー。



国内各誌が新型アウディA6の試乗インプレッションを公開。



アウディ(Audi)は、今年(2011年9月)のフランクフルト・モーターショーで、ハイパフォーマンスの「Sモデル」を公開すると発表。



アウディジャパンが投入した新型アウディA6、国内各誌の反応も上々だ。



アウディジャパンは2011年8月23日、新型A6を日本国内で発売した。



アウディ(Audi) RS6をテスト

アウディ(Audi)は最強のスポーツサルーン「アウディRS6」をテスト。



アウディジャパンは、新型アウディA6で富士スピードウェイを体験走行できるイベントを計画。



アウディ(Audi)は、アウディA6ハイブリッドの情報を一部公開した。



Worldcarfans誌は、次期アウディS6のノンカムフラージュをスクープ。



アウディ(Audi)は、新型A6アバントのプロモーション映像を公開した。



2011年2月、ベントレー社が樹立した氷上正解最高速記録「330.695km/h」に、アウディRS6が挑んだ。



アウディ(Audi)は、NAIAS(=デトロイトオートショー)で新型A6を発表。ラインナップについても明らかにした。



アウディ(Audi) A6 2012

アウディ(Audi)は、2012年にリリースする新型A6のオフィシャルビデオを公開した。



AutoBlog誌では、アウディのミッドサルーン「A6」ニューモデルの画像を掲載。



アウディジャパンは、A5、A6の装備などを見直した。


=A5=

A5は、3.2リッターモデルを廃止し、2リッターターボに集約。A5 2.0TFSIクワトロの装備を充実させて再設定。
クルーズコントロールや、超音波障害物感知センサーなどを標準装備として、価格は据え置きの592万円。


=A6=

A6は、全車にアダプティブ・エアサスペンションを標準装備とした。アダプティブ・サスは、これまでA6 3.0TFSI クワトロS-ラインプラス のみの設定だった。
アダプティブ・サスは、減衰力を電子制御し姿勢コントロールと乗り心地の双方を改善。フル乗車時の車高変化も補正する。
「オートマチック」、「コンフォート」、「ダイナミック」「リフト」の4モードが選択できる。



アウディ(Audi)は、次期RS6にV8エンジンを搭載する計画を進めているらしい。


現行のRS6には、580hpを発生する5リッターV10ツインターボが搭載されている。
アウディでは、エンジンのダウンサイジングとハイパワー化をトレンドとしており、RS6もこの流れに乗せてくるようだ。
新開発エンジンなのか、現行の4.2リッターV8をツインターボ化するか。
580hpという途方もないハードルをどうクリアするのか、興味深いルーモア(噂)である。




アウディ(Audi) RS6レポート

アウディ(Audi)の怪物超特急「RS6」。
Carviewのインプレッション。


 Carview:ハイパフォーマンスサルーンの意義




主役は「トランスポーター」で人気のジェイソン・スライサム。
メルセデスやBMWで「シゴト」をこなそうとするが、どうもうまくいかない。
しかし、A6 3.0TFSIを手にしてからは、「無敵」になった。


どうやらそんなストーリーのようだ。




アウディジャパンは、A6のラインナップに、「3.0TFSIクワトロ」を追加。


3リッターTFSIエンジンは、スーパーチャージャーで過給し、290ps/420Nmを発揮し、従来の4.2リッターV8エンジン並のトルクを供給する。
実際、0-100km/h加速では、従来の4.2リッターに迫る5.9秒。
3.2リッターの7.1秒を大きく引き離す。


燃費性能は、従来の3.2リッターV6をしのぐものとなり、結果、4.2リッターと3.2リッターはA6のラインナップから消滅。
ダウンサイジングによる、ハイパワーと低燃費の両立というアウディのアイデンティティが素直に反映されたといえる。
2.8リッターエンジンも10psアップして220psとなった。




アウディのモンスターステーションワゴン「RS6アバント」。


ライバルのメルセデスE63AMG、BMW M5とのサーキット対決ビデオ。
いずれも5リッターオーバーのツワモノぞろい。



フェイスリフトされた新型アウディA6のプロモーションビデオ。


セダンもアバントも落ち着いたオトナの雰囲気。



アウディジャパンでは、A6/A6Avant 2.8FSIクワトロに特別仕様車を設定。


2.8リッターV6FSIエンジンには、アウディバルブリフトシステムが搭載され、ゆとりのトルクとクラス最高水準の低燃費を実現する。
加えて、クワトロAWDにより高次元での安定性を提供する。


主な装備は、



アウディ(Audi)は、A6のフェイスリフトを実施。


今回のフェイスリフトでは、エクステリアからパワートレインまで大規模なものとなっている。
まずはフロントマスク。
ヘッドライトにはLEDを連ねたアウディのトレンドデザインを採用。
エアスクープもA4のような少しフレアしたデザインに。
リアデザインでは、リアコンビネーションライトがこれもA4と同デザインのものに変更された。
全体的に、A6の落ち着いた雰囲気はそのままに、メリハリのあるデザインになった。



MTMチューンドRS6

MTMはアウディ(Audi)専門のチューナーとして有名だが、そのMTMがRS6をチューンするとこうなる。


20080804MTMRS6.jpg


5リッターV10ツインターボエンジンは、ストックの状態でも580hpという途方もないパワーを放出するが、MTMではさらにチューンを施し、実に690hp・785Nmという怪物級に仕立て上げた。



レーシングドライバーにして辛口モータージャーナリストでもある清水和夫氏が、アウディRS6をポール・リカールサーキット(フランス)でドライブ。



アウディ(Audi) RS6レビュー

DrivingFuture誌がアウディ(Audi)RS6を詳しくレビュー。



昨年2007年9月のフランクフルトモーターショーで発表されたアウディ(Audi)RS6。
その最新テストビデオが公開された。



アウディは2008年からインド工場で生産を開始する。



アウディのプレミアムサルーン「A6アバント」。
庶民には手を出しがたい高級車であるが、2.8リッターがラインナップに加わったおかげで、8百万を切るA6クワトロが実現した。



次期アウディ(Audi)A6

アウディのA6の次期モデル情報。



アウディ(Audi)S4はターボ?

Audi World誌は、次期S4はターボエンジンを搭載すると伝えている。



アウディ(Audi)のミッドサイズサルーン「A6」に新たに加わった2.8FSIクワトロ
最新のアウディテクノロジー「アウディ バルブリフト システム」を搭載するV6エンジンの出来栄えはいかに。



アウディ(Audi)RS6セダンのスパイビデオ。



アウディRS6 フォト

 フランクフルトショーでデビューしたアウディRS6のフォトです。



アウディのミドルクラスサルーンA6
新たにラインナップに加わった2.8FSIクワトロの試乗レポートです。



アウディの系譜 RS6(C5)

Audi RS6(C5)

RS6はA6ラインナップのトップモデルであり、初代RS6は2002年に登場し2004年まで販売された。
A6(ボディタイプC5)をベースに、4.2リッターV8エンジンをチューンして動力性能をアップさせたハイパフォーマンスモデルである。


エンジン
RS6のエンジンは、A8用に開発された4.2リッターV8エンジン(BCY)をベースにコスワースがチューンを手がけ、2基のターボチャージャーを装着することにより、450bhp-560Nmを発生する。
さらに大排気量V8のメリットも十分に生かされ、1950~5600rpmの広い回転域でピークトルクを発生するため、「日常の足」にも十分対応できるところがアウディらしい。


ドライブトレイン
RS6には、A8(D1 6リッターW12エンジン)に使われていたクワトロシステムが採用されている。
トランスミッションはティプトロニック&ロックアップ付き5速AT。
このATは、(現在では一般的であるが)シフトパターンを電子制御し、200ものシフトパターンを持つ。
また、スロットルコントロールによりシフトダウン時のブリッピングも自動で行われる。
デファレンシャルも電子制御され、エンジントルクは、まずセンターデフ(トルセン)を経由して、フロント及びリアに配分される。


サスペンション
RS6には、アウディ・ダイナミック・ライドコントロール(DRC)が搭載される。
DRCは、ショックアブソーバーの圧力をアクティブコントロールすることにより、走行中のロール、ピッチを抑制するシステムである。
4本のショックを独立してコントロールして最適化し、快適性とハイグリップを両立する。


ブレーキ
動力性能の強化に対応し、フロントブレーキにはブレンボ製対向8ピストンキャリパーと、14.37インチのクロス・ドリルドディスクが装着される。
リアブレーキは対向4ピストンキャリパーと13.19インチベンチレーテッドディスクとなる。
更にABS(アンチロックブレーキシステム)とEBD(電子制御ブレーキ圧配分システム)で制御することにより、強大なストッピングパワーと異次元の旋回時制動を実現。


パフォーマンス
停止状態から100km/hまでは、1,856kgの社十にもかかわらず、わずか4.7秒(アバントは4.9秒)、200km/hには17.6(17.8)秒で到達する。
最高速はリミッター制御で250km/hとなる。


RS6 Plus
2004年には、RS6の更にハイパフォーマンスな「RS6Plus(プラス)」が発売。
RS6 Plusのエンジンは、さらに磨きをかけられ、6,000-6,400rpmで480bhpを、また1,950-6,000rpmで560Nmを発生し、最高速は280km/hにも達する。
新たなECU(コンピュータ・ユニット)が用意されたほか、熱対策としてインタークーラー後方に2つのラジエーターが追加される。
サスペンションも10mmダウンされるスポーツサスペンションが追加費用なしで装備される。
RS6 Plusは、ヨーロッパのみで1年間販売され、計999台がオーナーのもとに届けられた。


第2世代となるRS6は、今年のフランクフルト・モーターショーでベールを脱いだ。
5,6リッターV10ツインターボで580hpを手に入れ、世界最強のラグジュアリーカーとなるに違いない。



RS6ビデオ

アウディRS6のコマーシャルビデオ。




フランクフルトモーターショーにアウディが出展するRS4の最新フォトです。


Photo by Carview

A4と並んで「赤」のカラーリングですが、オフィシャルイメージの「青」の方がいい感じ?
アウディさんはなぜ「朱色」をチョイスしたのだろう。せめて、深めのワインレッドとかなかったのかねえ。



RS6オフィシャルビデオ

今期のフランクフルトモータショーで披露される、RS6のビデオが配信されました。
まさに羊の皮をかぶった狼?



RS6詳細パート2

アウディ(Audi) RS6の詳細情報について、DrivingFutureでも紹介されました。
日本語なので、とてもわかりやすいです。

必見:DribingFuture

シングルフレームがハニカムグリルになってます。
個人的にはアリかと。



RS6ドリフトinニュル

アウディ(Audi)RS6のドリフト。
ニュルでのテスト中のワンシーン。

豪快なドリフトですが、RS6には似合わない?かも。
もっとタイトに攻めてほしい。テストドライバーさんのサービスかな。



RS6最新情報

アウディ(Audi)RS6は、今月のフランクフルトモーターショーに出展予定であるが、その直前にオフィシャルイメージがリークされた。

最終的な仕様では、V10ツインターボエンジンは580hp、650Nmを与えられ、これほどのハイパワーエンジンでありながらも、650Nmのトルクを1500から6250rpmで発生するという驚きのフラットトルクを示し、なおかつクライマックスは6700rpmにおとずれる。

クワトロはもちろんのこと、ダイナミックライドコントロール装備のスポーツサスペンションなどにより、フレキシブルなエンジンとあわせて、デイリーユースを犠牲にしない快適性を併せ持つ。

重量は2025kgに及ぶが、0-100km/h加速は4.6秒、200km/hまではなんと14.9秒で到達する。
ギアボックスはティプトロ付き6速AT。

ブレーキはカーボンセラミックが奢られ、19インチホイールが備わる。
20インチホイールを装着する場合は、ブレーキもフロント420mm、リア356mmまでアップグレード可能。

エクステリアでは大きく張り出したブリスターフェンダーが印象的で、RS6が只者ではないことをそこはかとなく主張している。

単なるモンスターマシンではなく、快適で日常もこなせるグランドツアラーであることが、アウディらしい演出である。

オフィシャルイメージ(9枚)必見:MotorAuthority



A6 2.8FSIクワトロ試乗レポ

アウディ(Audi) A6 2.8FSIクワトロ試乗レポート。

ゆとりのパワーと絶妙な価格設定でA6の切り札的2.8FSIクワトロ
アウディバルブリフトシステム搭載エンジンフィールや如何に。

詳しくは、DrivingFuture



RS6がパワーアップ?

これまで報じられてきたアウディRS6に関する情報では、パワーソースであるV10ツインターボエンジンは571hpを発生するとされていた。
しかし、この情報は見事に裏切られることになりそうだ。
最新の情報では610hpのモンスターパワーが与えられるようだ。

ちなみに600hpオーバーといえば、コルベットZ06、 BMW M6、 ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ、フェラーリF430 スクーデリア、アストンマーティン DBS、ポルシェ 911 GT2、メルセデス V12 CL65 AMGといった面々。

情報ソース:MotorAuthority

明らかにスーパースポーツといったライバルと肩を並べつつ、すぐれたクワトロシステムとトータルマネジメントの恩恵によりデイユースにも対応できるRS6には、アウディの真髄を感じさせられる。



アウディ(Audi) RS6inニュル

アウディ(Audi) ニュルブルクリンクでテスト中の「RS6」最新フォト(6枚)。

ヘッドライト下にはLEDデイライトが装着されるのでしょうか。
大きく開口したバンパースポイラーやフロントフェンダーあたりにも力強さを感じます。

情報ソース:WorldCarFans



RS6プレビュー

アウディ(Audi)は、2008年に「RS6」を投入。
果たしてそのパフォーマンスは?
現在伝えられている情報によると、

エンジンは5リッターV10+ツインターボにより571hpを発生。
トランスミッションは、ZF製6速オートマチック。
ただし、アウディではスーパーカー級(1000Nm)のトルクに対応できるDSGを開発中である。
セダンモデルは来月のフランフルとモーターショーでお目見え。

情報ソース:MotorAuthority



RS6inニュルブルクリンク

アウディ(Audi)RS6がニュルブルクリンクを疾走するビデオ(Youtube)です。

ナビシートからの据え撮りですが、かなりのハイペースでニュルを駆け抜けていると見られます。
バックストレートに入った直後に...



今夏にA6をフェイスリフト

アウディはこの夏にA6のフェイスリフトを行う模様。

大人の雰囲気をまとうフォルムは、フロントマスクやバンパー部に手が加えられるほか、サイドのプレスラインにエッジを効かせよりスポーティなイメージに。

エンジンは2リッターTFSI(ターボ)エンジンからランボルギーニのV10までをラインナップし、9月のフランクフルトで発表するRS6には、580馬力を発生するV10つツインターボエンジンを搭載する。
BMW M5やメルセデスE63AMGの好敵手となりそうだ。

詳しくはTopSpeed



「SuperCarFun」では、ニュルブルクリンクでテストしているアウディRS6」のスパイビデオを紹介しています。
かなりのハイペースでテストされていますが、抜群の安定感が感じられます。

詳しくは、SuperCarFun



A6に特別限定車

アウディJapanでは、A6の特別限定車「A6アバント 2.4ラグジュアリーライン」と「A6 2.4ダイナミックライン」を各モデル100台限定で発売します。 -A6アバント 2.4ラグジュアリーライン- 以下の67万円相当の装備を含めてベース車の20万円UP(617万円)で提供。 レザーシート(ボルテラ) シートヒーター(フロント) APS(アウディ パーキング システム)リヤビューカメラ付き オートマチックテールゲート 15スポーク17インチアルミホイール(新デザイン) -A6 2.4ダイナミックライン- 以下の65万円相当の装備を含めてベース車の20万円UP(591万円)で提供。 フロントスポーツシート レザーシート(ボルテラ) スポーツサスペンション マルチファンクション&ティプトロニックパドルシフト付き本革巻き3スポークスポーツステアリングホイール シートヒーター(フロント/リヤ) 15スポーク18インチアルミホイール(新デザイン) 詳しくはアウディJapanオフィシャルサイト

アウディA6オールロードクワトロ4.2 FSI 内外装からドライブフィールまで詳しく解説しています。 フォトは9枚。 詳しくはWebCG

アウディ A6 オールロードクワトロの試乗記 A6アバントをベースにした「A6オールロードクワトロ」。 その走りをじっくりと詳細に紹介しています。 フォトは12枚。 詳しくはDrivingFuture

A6アバント 試乗レポ

アウディA6アバントの試乗レポです。 ステーションワゴン界でも最も「知的」なA6アバント。 絶対的な存在感を誇るアバントの2.4、3.2FSIクワトロ、4.2クワトロのラインナップを10枚のフォトで解説しています。 詳しくはWebCG

S6 試乗レポ

アウディS6の海外試乗レポです。 5.2リッターV10型エンジンを搭載するスーパースポーツサルーンの実力やいかに。 10枚のフォトで解説しています。 詳しくはWebCG

このサイトは、
ATA企画が運営しております。

ご連絡は以下のメールフォームでお送りください。

Powered by SHINOBI.JP