アウディ A7/S7/RS7

アウディ(Audi)は、新型アウディRS6アバントとアウディRS7スポーツバックのパフォーマンスビデオを公開。




アウディ(Audi)のハイエンド4ドアクーペ「アウディA7スポーツバック」のニューモデルに関する情報が、海外誌で取り上げられている。


アウディ Audi



アウディジャパンは、フェイスリフトが行われたハイエンド4ドアクーペ「アウディA7/S7/RS7」を市場投入する。


アウディ Audi
画像はレスポンスから引用



アウディ(Audi)は、2015年1月に開催される「デトロイト・オートショー」でのイベントとして、自動運転A7による約900kmの走行を披露する。




アウディ(Audi)は、2014年LAモーターショーで、A7をベースにした水素燃料電池車(FCV)を発表。




アウディ(Audi)は、予告どおり、自動運転のアウディRS7でホッケンハイムサーキットでの全開走行を実現した。



アウディ(Audi)は、自動運転のアウディRS7で、ホッケンハイムの4ドア車最速を狙う。



アウディ(Audi)は、TDI(ディーゼルターボ)エンジン25周年を記念し、「アウディA7スポーツバック3.0TDIコンペティション」を発売。



アウディ(Audi)は、ハイエンド4ドアクーペ「アウディA7スポーツバック・S7スポーツバック」をフェイスリフト。



アウディ(Audi)は、ハイエンド・スポーツ4ドアクーペ「RS7」の特別仕様「RS7ダイナミックエディション」を、近々発表する。



アウディジャパンは、究極のハイパフォーマンスカー「RS」を3モデル一挙に発売した。



アウディ(Audi)は、デトロイト・オートショー(NAIAS)2013でA7ベースのハイパフォーマンススポーツ「RS7」を発表。



アウディ(Audi)、2011フランクフルト・モーターショーで「アウディS7」を発表。



いよいよ2011年フランクフルト・モーターショー開催間近。アウディ(Audi)ブースの見どころをプレビュー。



アウディ(Audi)は、今年(2011年9月)のフランクフルト・モーターショーで、ハイパフォーマンスの「Sモデル」を公開すると発表。



WebCG誌による、アウディA7スポーツバック 試乗インプレッション



日経トレンディネットの充実レポート。



アウディ(Audi)A7スポーツバック 試乗インプレッション



WebCG誌は、アウディA7スポーツバックの試乗インプレッションを掲載。



2011年5月17日、アウディジャパンは、アッパークラスサルーン「アウディA7スポーツバック」を発売。



アウディカスタマイズで有名なABTは、A7スポーツバックのチューニングパッケージをジュネーブショーに出展か。



アウディ(Audi)A7スポーツバックの試乗インプレッション


 オートックワン:アウディA7スポーツバック


20100929A7.jpg


美しいボディライン。見とれてしまいそう。
案外フェンダーアーチがマッチョです。



WebCGでは、アウディ(Audi)A7スポーツバック3.0TFSIクワトロの海外試乗インプレッションを掲載した。


 WebCG:A7スポーツバック3.0TFSIクワトロ


アウディA7スポーツバック3.0TFSIクワトロ
 ・全長×全幅×全高=4969×1911×1420mm
 ・ホイールベース=2914mm
 ・車重=1785kg
 ・駆動方式=クワトロ4WD
 ・エンジン=3リッターV6DOHC24バルブ スーパーチャージャー付(300ps/5250-6500rpm、44.9kgm/2900-4500rpm)(欧州仕様車)
 ・トランスミッション=7速S-トロニック



アウディ(Audi)A7スポーツバックのオフィシャルビデオ。




アウディ(Audi)A7スポーツバックの動画が、早くもYoutubeにアップされている。




アウディ(Audi)は、新型プレミアム4ドアクーペ「A7」のディテールを一部公開した。

A7は、当初4つのV6ユニット、2つのガソリンエンジンと2つのディーゼルエンジンが与えられる。
ガソリンエンジンは、204hpを発揮する2.8リッターNAと300hpを発揮する3リッタースーパーチャージドエンジン。
2.8リッターモデルで0-100km/h加速は8.3秒、3リッターSCモデルで5.6秒となる。
一方ディーゼルは、3リッターTDIとなるが、設定を替えて204hpモデルと245hpモデルが用意される。


駆動方式はFFとクワトロが用意され、FFにはスタンダードなマルチトロニック(CVT)、クワトロには7速S-トロニックが与えられる。
クワトロでは、クラウンギア・センターデフやトルクベクトリングシステムを搭載。


ボディはアルミニウムを配合しフル・スチールに比べ20%の重量軽減を図る。
サスペンションにもアルミニウムを使用し、全体的な重量軽減を図るとともに、18~20インチのホイールに対応する。
インテリアでは、MMIに新たなタッチバッド式インターフェースを採用。
ヘッドアップディスプレイやLAN環境、バング&オルフセンのオーディオシステム、グーグルマップと連携したナビゲーションなど、アウディの最先端が盛り込まれる。


そんなアウディA7は2011年にデリバリーが開始される。



アウディ(Audi)が今年のリリースを予定している、「アウディ(Audi)A7スポーツバック」のオフィシャルフォトがリークされた。


20100725A7_1.jpg


20100725A7_2.jpg


20100725A7_3.jpg


20100725A7_4.jpg



アウディ(Audi)は、ハイエンドスポーツクーペ「A7スポーツバック」のオフィシャル画像を公開した。


20100716A7_1.jpg


20100716A7_2.jpg


20100716A7_3.jpg


アウディはA7を2010年9月のパリサロンで発表すると見られる。



アウディ(Audi)が開発中のプレミアムスポーツバック「A7」がドイツのニュルブルクリンク北コースで「全開」テストされていた。



ワイド&ローが強調されている美しいフォルムを持つ「A7」。
サスペンションは調整段階で、ピッチングが抑え切れていない様子も伺えるが、これだけの巨体で複雑なコーナーをトレースする姿は圧巻。



ドイツのニュルブルクリンク北コースでは、アウディ(Audi)A7が持ち込まれ、サーキットテストが行われた。


20100428A7.jpg


アウディのフラッグシップセダン「A8」と肩を並べる、5ドアスポーツサルーン「A7」がついにニュルブルクリンクでテストされたようだ。
流麗な5ドアハッチバックは、他メーカーでも類を見ないデザインであり、またそれをハイエンドモデルに採用することで、競合を許さない完全な独占市場形成を狙う。


あえてライバルを挙げるならば、メルセデスCLSクラスや、ポルシェパナメーラあたりと評されるが、全く別モノだ。
A5スポーツバックをご覧の方は、すでにその完成度の高さに舌を巻いたことだろう。
A7の威風堂々を早く目の当たりにしたいものだ。


また、S7、RS7の投入もコンセンサスを得ているとの情報jもあり、ハイエンド市場の勢力分布が塗り替えが期待される。
すでにアウディは今期の販売台数でメルセデスを抜き去っており、牙城伝説は崩壊しつつあるのだ。



MotorAuthority誌は、アウディA7のスパイフォトを掲載した。


 MotorAuthority


アウディA7は、ハイエンドでありながらセダンではなく、リアにハッチゲートを持つ「スポーツバック」であり、A8との差別化も明確になっている。
ボディラインの流麗さは、A5スポーツバックで実証済み。
まったく新たなカテゴリーを担う。
また、A7には、S7、RS7も用意される見通しであり、RS7には600hp級のV10ツインターボエンジン搭載との噂もある。



アウディが開発を進めている「A7」のテストシーンが、ノルウェーでキャッチされた。
Carscoop誌のスパイビデオ。



BMW7シリーズやメルセデスEクラスの姿も見えるということは、これらを競合車と見ているということだろう。



アウディ(Audi) A7は2010年か

Motorauthority誌が伝えるととくろによると、アウディ(Audi)は、プレミアム4ドアクーペ「A7」を2010年に投入する計画をまとめたとのこと。


20090704A7.jpg


A7には、204hpの2.8リッターエンジンをベースに、300hp3リッターV6スーパーチャージャーがラインナップ。
2年後にはS7とRS7も追加される。
S7には4リッターV8、RS7には600hpV10ツインターボが搭載されると見られる。


 Motorauthority:Audi A7 four-door coupe coming late next year



早くもyoutubeにアウディA7=スポーツバックコンセプトの動画が配信されている。




アウディ(Audi)は、デトロイトオートショー(NAIAS2009)で4ドアスポーツクーペ「アウディ スポーツバック・コンセプト」を初披露した。


20090112A7_1.jpg




デトロイトオートショーNAIAS2009(North American International Auto Show)がいよいよ開幕するが、直前でA7スポーツバックのオフィシャルイメージらしきものが、海外各誌でリークされた。


20090111A7.jpg


まだまだあるぞ。



アウディは、来月2009年1月のデトロイト・オートショーに新たな4ドアスポーツクーペ「A7コンセプト」を投入する可能性が高まった。


20081224A7.jpg


A7の発表により、アウディの「A」ラインナップが完成する。
(A2は絶版となったが、超低エミッションモデルとして復活するとの噂もある。)



アウディの内部精通者から、A7のイメージスケッチがリークされた。


20081216A7.jpg


情報によると、ラインナップは、2.8リッター(204hp)、3リッター+スーパーチャージ(300hp)、4.2リッター(394hp)、そしてRS7には5リッター+ツインターボ(600hp)となる。
ライバルはメルセデスCLS。



海外各誌では、アウディの新たな4ドアクーペ「A7」のスパイフォトが掲載された。


20081126A7_1.jpg


どの程度カムフラージュしているかは不明だが、ルーフからテールエンドに向かってなだらかに落ちてゆくラインは、メルセデスCLSを連想させる。
このラインとリアウインドウの形状から、A7は4シーターではないかとの見方もある。


また、スタンダードなA7にはV10ではなく、V8エンジンが与えられるが、リチウムイオンバッテリーによるハイブリッドもチョイスできるという。
このバッテリーは、SANYO製というところまで情報がリークされている。
公式なデビューは2009年のフランクフルトが有力視されている。


その他のフォト



アウディ(Audi)は、次期モデルのデザインスケッチを公開した。
スケッチは、A8、R8スパイダー、A7スポーツバック、A5スポーツバック、A5カブリオレ。


アウディA8

20081027A8.jpg

A7/S7/RS7情報

アウディの新たな4ドアクーペとして開発されている「A7」はA8とA6の中間に位置づけられる。


A7は2009年の初頭にも登場し、翌年にはコンバーチブルも追加。
6気筒または8気筒のFSIまたはTDIエンジンが搭載される。


ハイパフォーマンスの「S7」モデルには自然吸気5.2リッターV10エンジンが与えられ、クワトロ+新開発のスポーツデファレンシャルがセットアップされる。


さらに「RS7」には、RS6譲りの5.2リッターV10ツインターボ(580hp)が搭載。

A7/S7/RS7がラインナップされれば、A1からA8までのフィギュア(数字)が完成することになります。


Photo:MotorAuthority



このサイトは、
ATA企画が運営しております。

ご連絡は以下のメールフォームでお送りください。

Powered by SHINOBI.JP