アウディ A8/S8

アウディ(Audi)は、フラッグシップサルーンのアウディS8のハイパワー版「アウディS8プラス」を発表。


アウディ Audi



アウディ(Audi)は旗艦「アウディS8プラス」のオフィシャルビデオを公開。




アウディ(Audi)は、フラッグシップサルーン「S8」にハイパワーモデルの「Plus」を設定。


アウディ Audi



海外各誌は、次期アウディA8/S8に関する記事を掲載し始めている。



アウディ(Audi)の開発責任者であるウルリッヒ・ハッケンベルク氏は、2016年に投入する次期「アウディA8」に、半自動運転機能を搭載するだろうと語った。




Worldcarfans誌は、ニュルブルクリンクでテスト中の「アウディA8」2016年モデルをスクープ。



アウディ(Audi)は、フラッグシップサルーン「アウディA8」の次期モデルについて、「クーペのように美しく」すると話した。



アウディジャパンは、アウディのフラッグシップサルーン「アウディA8」を発表。



アウディ(Audi)のテクニカルディレクターであるウルリッヒ・ハッケンバーグ氏は、アウディのハイエンドセダン「アウディA8」にハイブリッドモデルを設定すると発表。



アウディジャパンは、新型アウディA8、S8、A8Lの詳細についてプレス発表した。



アウディジャパンは、2014年3月13日、アウディのフラッグシップである新型「アウディA8」を国内発売。



2013年フランクフルトでアウディ(Audi)は改良型S8を発表。



アウディ(Audi)は、2013年フランクフルト・モーターショーにおいて、新型「アウディA8/S8」を発表。



アウディ(Audi)は、フラッグシップサルーン「アウディA8/S8」のフェイスリフトを実施。



アウディ(Audi)は、シリーズ最高峰のサルーン「アウディA8」のフェイスリフトを行い、2013年8月21日に発表する。



アウディ(Audi)は、2013年9月のフランクフルト・オートショーに出展するであろう新型車のマスクビデオを公開。



アウディ(Audi)は、次期A8に搭載する「マトリックス・ヘッドライト」を発表。



アウディジャパンは、国内ラインナップに2つのハイブリッドモデルを追加して2013年2月から販売を開始する。



アウディ(Audi)は、フラッグシップサルーン「アウディA8ハイブリッド」を発表。



いよいよ2011年フランクフルト・モーターショー開催間近。アウディ(Audi)ブースの見どころをプレビュー。



アウディ(Audi)は、今年(2011年9月)のフランクフルト・モーターショーで、ハイパフォーマンスの「Sモデル」を公開すると発表。



アウディはフラッグシップモデル「アウディA8」に4気筒エンジンを搭載するつもりだ。



アウディ(Audi)は、次期フラッグシップスポーツ「アウディS8」をテスト。海外各誌が報じている。



アウディジャパンは、2011年6月、最高級サルーン「アウディA8L」を発売した。



アウディA8 3.0TFSIクワトロの試乗レポート。



Carviewでは、アウディ(Audi)の新型「A8」の試乗レポートをいち早く掲載。



WebCGがアウディ(Audi)の新型フラッグシップ「A8」の詳細レポートを掲載。



2010年12月15日、アウディジャパンはアウディのフラッグシップサルーン「A8」ニューモデルの時販売を開始した。



イスラエル政府は、アウディ(Audi)A8をベースにした「装甲武装公用車」を発注した。



アウディ(Audi)は、ジュネーブショー2010において、「A8 ハイブリッド」を発表。


20100306A8.JPG


アウディのフラッグシップ「A8」。重厚なスタイリングにインパクトを高めたフロントマスク。
そんな「旗艦」であるA8をハイブリッド化。


エンジンは、直4・2リッターターボまでダウンサイジング。これに電気モーターを組み合わせ、フロントアクスルを駆動する。
威風堂々でありながら、Co2排出量は144g/kmと低エミッションを両立。
A8の4気筒化は以前から噂されていたが、よくもまあやってくれたもんだ。
低振動・高トルクの2.0TFSIだからこそ可能であったに違いない。



2009年11月30日 アウディ(Audi)は、新型A8を発表。




アウディ(Audi)は、次期A8をマイアミでワールドプレミア。


20091202A8_1.jpg

20091202A8_2.jpg 20091202A8_3.jpg 20091202A8_4.jpg 20091202A8_5.jpg


=アウディA8=

・全長5137mm(ホイールベース2992mm) 全幅1949mm 全高1460mm
・フルLEDヘッドライト
・ナビゲーション連動ヘッドライト・ディレクション
・372hp 4.2リッターV8エンジン、15%燃費向上
・8速AT
・TDI、ハイブリッドモデルもラインナップ



アウディ(Audi)は、11月30日アメリカ・マイアミで、同社のフラッグシップサルーン「A8」のニューモデルを発表すると伝えた。


アウディA8は、V6エンジンを2つ合体させた独特な構造を持つW型12気筒エンジンを搭載するなど、スポーツサルーンとしての地位を確立したといえる。
しかし、低燃費、低エミッションが主流となってきたことを背景に、「A8にも4気筒エンジン」を標榜してきた経過もある。


さて、新たなA8とは、どんなキャラクターを演じてくれるのか。



アウディ(Audi)のフラッグシップサルーンA8の第2世代モデルが、テストされている模様。


20090923A8.jpg


次世代A8は、A4に似たLEDデイタイムラニングライトを備えた、アウディのトレンドフェイス。
現行モデルに搭載されている6リッターW12は、低公害・低エミッションのポリシーから、ラインナップをはずされることになりそうだ。
また、最上級クラスでありながら、4気筒エンジン搭載モデルも投入するとも噂され、230hp直4、250hp3リッターV6、372hp4.2リッターV8、620hp5リッターV10などのラインナップが想定されている。
いずれのエンジンも、現行バージョンから大幅にパワーアップされ、かつ低燃費が実現される。



アウディ(Audi)は、次期モデルのデザインスケッチを公開した。
スケッチは、A8、R8スパイダー、A7スポーツバック、A5スポーツバック、A5カブリオレ。


アウディA8

20081027A8.jpg

アウディ(Audi) 次期A8情報

MotorAuthority誌では、次期A8の情報を掲載。


20080928A8.jpg

(photo:MotorAuthority)


A8は、アウディのフラッグシップモデルとして2003年にラインナップされた。
メルセデスのSクラスのライバルとして投入されたが、現在のところ肩を並べる人気は勝ち得ていないのが現状だ。
しかしながら、知的でかつスポーティなスタイリングと高い安全性は評価が高く、麻生首相も公用車で使用していたのは有名な話。
映画「トランスポーター」では、S8が大活躍するシーンも印象的だった。


そんなA8にも、いよいよモデルチェンジがうわさされている。
最新の情報によると、



アウディ・ジャパンは、アウディのフラッグシップサルーン「A8L」にショーファー仕様を設定し、販売を開始した。


ショーファーリミテッドは、A8L(ロング)4.2FSIクワトロをベースに、リアシートの居住性を最大限に追及したリムジン。
主な装備は、



アウディ(Audi)では、第2の燃料の研究を進め、新たな環境戦略に打って出る模様だ。



アウディA8インプレッション

アウディ(Audi)のフラッグシップサルーンA8の試乗インプレッション。



A8 2.8FSI

アウディは、フラッグシップ「A8」に新たなラインナップ「A8 2.8FSI」を発表。

その名のとおり搭載されるエンジンは2.8リッターV6エンジンであり、最高出力210ps、最大トルク28.6kg-mを発生。
排気量のダウンサイジングでCo2排出量を大幅に抑制しつつも、A8の大柄のボディにもかかわらず、0-100km/h加速を8.0秒、最高速度は238km/hを可能にする。
また、直噴FSIシステムや吸気バルブを可変コントロールする「アウディ・バルブリフト」システムにより、燃焼効率を10%向上した。
圧倒的な存在感と低エミッションを両立する、アウディの環境思想を強く感じられる。

情報ソース:DrivingFuture



A8 6.0 クワトロ 試乗レポ

アウディ A8 6.0 クワトロの試乗レポートです。 6リッターW12型(450ps/59.1kg-m)を搭載するアウディのフラッグシップたる「A8」の実力を解明。 W12型?ってどんなエンジンなのでしょう。 詳しくはWebCG

このサイトは、
ATA企画が運営しております。

ご連絡は以下のメールフォームでお送りください。

Powered by SHINOBI.JP