アウディ モータースポーツ

WEC2016年シーズン第6戦「富士6時間」が開催された。
アウディは惜しくもポルシェに及ばなかった。


アウディ Audi



2015年WEC第5戦「アメリカ6時間」の決勝が行われた。




2015年ル・マン24時間は、ポルシェが1-2フィニッシュ。
アウディは3位に。



2015年ル・マン24時間は、前半戦を終えた。
依然として、7号車アウディと、19号車ポルシェのつばぜり合いが続いている。


12時間全力で走行して、その差は5秒。
周回数は191ラップとなり、ベストラップは19号車ポルシェが3分18秒674、7号車アウディは3分17秒647。



1時間経過直後にアクシデントからSC。
約30分でレース再開。


トップ6がひしめく中、23LAPにバックマーカーにてこずった2台のポルシェを、7号車アンドレ・ロッテラーのアウディが抜き去ってトップに。




2015年ル・マン24時間は、日本時間22:00、定刻にスタートを切った。


予選でアウディを3秒も上回る驚異的な速さを見せたポルシェだが、燃費の制限もるのだろう、さすがに3分16秒台では走れない。


トップは17号車のポルシェ。



いよいよ2015年ル・マン24時間のレースウィークだ。


アウディ Audi



2015年DTMは、第3・4戦「ラウジッツリンク」が開催され、アウディが開幕4連勝を飾った。


アウディ Audi



アウディ(Audi)の市販レーシングカー「アウディR8LMS」がニュルブルクリンク24時間で優勝。


アウディ Audi



アウディ(Audi)のルパート・シュタートラー会長は、F1参戦は「選択肢の一つ」と語り、参戦に含みを持たせた。



アウディ(Audi)にWEC2連勝をもたらした「アウディR18e-tronQuattro」。
モンツァサーキットでのテスト映像が公開された。




2015年DTM第2戦「ホッケンハイム」。昨日の第1レースではアウディのジェーミー・グリーンが愁傷を飾り、第2レースのポールポジションは、アウディのマイク・ロッケンフェラーが獲得。




DTM2015シーズンの初戦「ホッケンハイム」でアウディが快進撃。




2015年WEC第2戦「スパフランコルシャン6時間」の決勝は、とてもタフなレース展開となった。




WEC第二戦「スパフランコルシャン」のフリー走行において、トヨタTS040ハイブリッドに乗る中島一貴がアウディR18と接触。




アウディ(Audi)が販売するレースカー「アウディR8LMS」のニューマシンがレースで初勝利を挙げた。


アウディ Audi



WEC第2戦「スパフランコルシャン」は、ル・マン24時間の前哨戦となる大事なレース。


アウディ Audi



WEC2015の初戦を制したアウディは、ル・マン24に向けてハードなテストを行っているようだ。


アウディ Audi



ドイツツーリングカー選手権(DTM)は、2015年シーズン開幕を前に、オッシャースレーベンで公式テストが行われた。


アウディ Audi



2015年WEC第1戦「シルバーストーン6時間」の決勝が行われた。


アウディ Audi



いよいよWEC2015年シリーズ開幕。
第1戦「シルバーストーン6時間」の予選が行われた。


アウディ Audi



WEC(世界耐久選手権)は、2015年シリーズを前に、シルバーストーンでフリープラクティスが行われた。


アウディ Audi



日本のツーリングカーレースの最高峰である「スーパーGT」の300クラスで、3位、4位にアウディR8LMSが食い込んだ。


アウディ Audi
画像はレスポンスから



F1で活躍するレッドブルが、アウディに売却されるのではないか?



アウディ(Audi)は、2015年GT3に第二世代となる「「アウディR8LMS」で参戦。
スパフランコルシャン24時間耐久に、4台のニューマシンを投入する。




DTMは、2015年シーズンを前にエストリルで公式テストが行われ、アウディのニコ・ミューラーがトップタイムをたたき出した。




アウディ(Audい)は、WEC2015年シーズンを戦う「アウディR18e-tron Quattro」のハイブリッドパワーを、2MJ(メガジュール)から4MJに増強したと発表。




アウディスポーツは、2015年6月に開催されるル・マン24時間耐久レースに、DTMドライバー「マイク・ロッケンフェラー」をリザーブドライバーとして編入することを決めた。




アウディ(Audi)は、先に発表した2代目「アウディR8」をベースとしたFIA-GT3マシン「アウディR8LMS」をポールリカールサーキットでテスト。




アウディ(Audi)は、2015年「ル・マン24時間」にアウディR18e-tron Quattroを、3台投入して戦う。




2015年DTMに参戦する24人のドライバーが確定。




2015年WEC参戦を決めたNissanは、常識破りのLMP1レーサー「NissanGT-RLM」を投入。




WECは、2015年シーズンLMP1のフルエントリーリストを発表。




2015年WECル・マン24時間に参戦を表明している日産が、前代未聞のLMP1マシンを発表した。




かつてラリー界を席巻した、ラリーの神こと「ワルター・ロール」が、アウディS1RXをドライブ。




アウディ(Audi)は、2015年モータースポーツの主軸を「WEC」と「DTM」として、その体制を発表した。



アウディスポーツのウルリッヒ監督は、2015年WECに向けての技術開発について、次のようにコメントした。




アウディ、BMW、メルセデスベンツが参戦するDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)の2015年日程が明らかになった。



2014年WEC最終戦「サンパウロ」の決勝が、1日未明に終了。




2014年WEC第7戦「バーレーン」の決勝が行われた。




アウディ(Audi)は、GT3レースカー「アウディR8LMSウルトラ」の2015年モデルをニュルブルクリンクでテスト。



画像はWorldcarfansより



2014年WEC第6戦「上海」決勝が行われた。




2014年WEC第6戦「上海」の予選結果。




アウディ(Audi)は、同社がDTMとWECから撤退し、F1に参戦するのではないかというウワサを否定した。



AutoExpress誌は、「アウディ(Audi)がDTMとWECから撤退し、F1に転向」すると報じた。




アウディ(Audi)は、2015年DTMのサポートレースとして、「アウディスポーツTTカップ」を開催すると発表。



2014年DTM最終戦「ホッケンハイム」は、アウディの1-2-3フィニッシュとなった。



WEC第5戦は、日本が誇るスピードコース「富士スピードウェイ」で開催された。



2014年DTM第9戦「ザントフールト」の決勝が行われた。



2014年「ブランパン ニュルブルクリンク1000km耐久」決勝が行われた。



2014年WEC第4戦「アメリカ6時間」は、突然の豪雨による赤旗中断などの波乱もあったが、最終的にアウディが1-2フィニッシュを飾った。



2014年WECは、第4戦「アメリカ6時間」を迎えた。



2014年DTMは、終盤の第8戦「ラウジッツリンク」を迎えた。



8月16日、2014年DTM第7戦「ニュルブルクリンク」が行われた。



2014 DTM 第6戦 「スピールバーグ」は、アウディにとって厳しいレースとなった。



FNSが27時間テレビを放送している裏で、2014年スパ・フランコルシャン24時間耐久レースが行なわれた。



アウディ(Audi)は、アウディR8LMSのワンメイクレースである「Audi R8LMS カップ」を日本の富士スピードウェイで開催することを決定。



2014年 DTM第5戦「モスクワ」決勝リザルト。




2014年DTM第5戦「モスクワ」の予選が行なわれた。



2014年から始まる新たなFIA公認レースである「フォーミュラE」、初の公式テストが行われた。



2014年6月29日、DTM第4戦「ノリスリング」が行なわれた。



アウディ(Audi)は、総合優勝を果たした2014年ル・マン24時間を総括したビデオを公開。



日経チャンネルから、2014年ル・マン24時間の「まとめビデオ」が提供されている。



2014年ニュルブルクリンク24時間耐久が6月22日行なわれ、アウディR8LMSが総合優勝を果たした。



アウディ(Audi)のル・マン制覇をたたえるニュース記事を集めてみた。



2014年ル・マン24時間耐久レースは、アウディの1-2フィニッシュで幕を閉じた。



2014年ル・マン24は、22年を経過。
アウディ2号車がポルシェをパスしてトップに。



2014ル・マン24 20時間を経過してまもなく、トップを快走していたアウディ1号車にトラブル発生。



2014年ル・マン24は、20時間を経過。いよいよ大詰めを迎える。



2014年ル・マン24は、12時間を経過。



いよいよ2014年ル・マン24時間の決勝間近。予選では、トヨタTS040が暫定トップ。中島一貴が日本人初のポールを獲得。



2014年ル・マン24時間のフリー走行中に、ロイック・デュバルがドライブするアウディR18がクラッシュ、大破した。



2014年 DTM第3戦「ブダペスト」は、BMWのマルコ・ウィットマンが制した。



レースはポールポジションから飛び出したBMWのマルコ・ウィットマンが、磐石のレースを展開し、まさしく「完勝」を飾った。


アウディの覇者、マイク・ロッケンフェラーは13番手からスタート。スタートで9番手にアップし、上位をうかがうものの、6位までが限界。レース終盤ではタイヤかマシンにトラブルを抱えたようで、残念ながら10位でフィニッシュ。


激しいバトルを演じたのは、BMWのティモ・グロックと、アウディのミゲル・モリーナ。
コーナーでマシンをぶつけ合いながら、文字通り「火花を散らす」バトルを展開。
グロックは、他のマシンとも接触した挙句に、タイヤバーストで沈没。散々なレースとなった。


アウディのモリーナは、2位でフィニッシュ。


2014 Rd.4 ブダペスト 決勝 トップ10


1. BMW マルコ・ウィットマン
2. Audi ミジェル・モリーナ
3. BMW ブルーノ・シュペングラー
4. Audi エドアルド・モルタラ
5. Audi エイドリアン・タンベイ
6. BMW マキシム・マーティン
7. Audi ジェイミー・グリーン
8. BMW アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ
9. Audi マティアス・エクストローム
10. Audi マイク・ロッケンフェラー


ドライバーズポイント トップ10


1. BMW マルコ・ウィットマン 50pts
2. Audi マイク・ロッケンフェラー 31pts
3. Audi エドアルド・モルタラ 27pts
4. Audi ミゲル・モリーナ 26pts
5. Audi エイドリアン・タンベイ 26pts
6. Mercedes クリスチャン・ヴェトリス 26pts
7. BMW ブルーノ・シュペングラー 25pts
8. Audi マティアス・エクストローム 20pts
9. BMW アウグスト・ファルファス 14pts
10. Mercedes ポール・ディ・レスタ  12pts




2014年DTM第3戦「ブダペスト」予選結果。



2014年WECは、アウディ、トヨタにポルシェが参戦し、三つ巴の激しいバトルを展開している。



2014年DTM、第2戦「オッシャースレーベン」は、16番グリッドからスタートした、メルセデスのクリスチャン・ヴェトリスが制した。



2014年DTM第2戦「オッシャースレーベン」 予選は、アウディ(Audi)のエイドリアン・タンベイが2番手に付けた。



2014年DTM開幕戦「ホッケンハイム」の決勝リザルト。



2014年WEC第1戦「シルバーストーン6時間」の決勝Movie。 -Youtube-



いよいよ2014年DTM第1戦「ホッケンハイム」のレースウイーク。予選が行なわれた。



2014年WEC第2戦「スパ・フランコルシャン」は、アウディの追撃を振り切ったトヨタに軍配が上がった。



2014年WEC第2戦「スパ・フランコルシャン6時間」の予選が行なわれた。



マティアス・エクストロームが「ワールド ラリークロス チャンピオンシップ」を戦うスペシャルなアウディS1。



2014年WEC初戦でダブルリタイアを喫したアウディ(Audi)は、第2戦の「スパ・フランコルシャン」に3台で挑むと発表。



シルバーストーンでコースアウトしたアウディ2号車を、なんとかコースに戻そうとする、ブノワ・トレルイエ。



2014年WEC第1戦「シルバーストーン6時間」は、トヨタの1-2フィニッシュとなった。



2014年のWEC(世界耐久選手権)がいよいよ開幕。第1戦「シルバーストーン」の予選が行なわれた。



DTM2014年シリーズに先駆けて、ホッケンハイムで公式テストが行なわれた。



2014年スーパーGT第1戦「岡山国際」が4月6日行なわれた。



DTM2014年シリーズの開幕に先駆け、ハンガロリンクサーキットで公式テストが行なわれた。



WEC2014シリーズの開幕に先駆け、ポールリカールで公式テストが行なわれた。



アウディ(Audi)は、WEC2014年シーズンを戦う「アウディR18e-tron Quattro」を発表。



アウディ(Audi)は、2014年WECを戦う「アウディR18 e-tron Quattro」に搭載するとしていた「熱回生システム」を見送る決定をした。



アウディ(Audi)は、DTM2014を戦う「アウディRS5 DTM」を公開した。



アウディスポーツABTは、2014年から開催される「フォーミュラE」のドライバーとして、ルーカス・ディ・グラッシとダニエル・アブトを起用したと発表。



2014年WECは、アウディ、トヨタに加えポルシェの参戦で「三つ巴」。昨年良いとこなしのトヨタはニューマシンでアウディに挑む。



2014年1月26日、アメリカで行われた伝統ある「デイトナ24時間」で、アウディR8LMSがクラス優勝を飾った。



2014年のWEC(世界耐久選手権)は、アウディ、トヨタに加えてポルシェが参戦し、競争が激化する。



なんとフェラーリが、LMP1マシンをテストしていた。



2014年「ロレックス デイトナ24時間」が1月25日に開催されることに先駆け、3日間の公式テストが行われた。



2013年DTMのチャンピオンである「マイク・ロッケンフェラー」が、デイトナ24時間に参戦することとなった。



アウディ(Audi)は、2014年WECを戦う新しい「アウディR18e-tron Quattro」を発表した。



これまでル・マンやWECにアウディスポーツ・チームヨーストで出場してきた名ドライバー「アラン・マクニッシュ」選手が引退を表明した。



FIAは、2016年F1シリーズ参戦チームを募集。



2014年WECでアウディのライバルとなるポルシェのLMP1マシンの概要が出始めている。



アウディ(Audi)は、2014年WECを戦う、アウディR18e-tron Quattro追加情報を公開。



まるで子供みたいに

アウディR18e-tron発表会での一幕。



アウディ(Audi)は、WEC2013年シリーズを戦う「新型アウディR18e-tron Quattro」の画像を公開。



アウディは2013年WECを振り返り、「トヨタは終盤で飛躍的な進歩を遂げた」とコメント。



2013年WECも大詰め、最終戦「バーレーン」を迎えた。



2013年FIA-GTの最終戦、アゼルバイジャン「バクー」で、アウディR8LMSが優勝。



アウディ(Audi)は、2014年レギュレーションによるWECマシンで、すでに2回のテストを行ったと発表。



DTMにおいてアウディのファクトリーリームとして参戦するABTが、「フォーミュラE」に参戦を表明。



WRCの覇者「アウディクワトロ」の本物のグループBカーが、アメリカのオークション「eBay」で売りに出された。



WEC 第7戦 上海6時間

2013年WEC第7戦「上海6時間」は、7号車トヨタTS030が予選トップを獲得。



大雨の中、セーフティカー先導でスタートしたWEC「富士」。



WEC Rd.6富士は、強い雨のため、セーフティカー誘導でのスタートとなった。



WEC第6戦「富士」、フリー走行では7号車のトヨタが抜き出たが、予選では、かろうじてアウディがトップを取った。



WEC第6戦「富士」のフリープラクティス3は、7号車のトヨタが一番時計をマーク。



いよいよWECの日本ラウンド「富士」。昨日、フリー走行が行われた。



2013年WEC(世界耐久選手権)は、全8戦の第5戦「富士」を迎える。常勝アウディは富士でタイトルを決められるか。



2013DTM第9戦「ザントフールト」は、BMWの勝利となったが、アウディのマイク・ロッケンフェラーがシーズンチャンピオンを決めた。



2013年DTMも大詰め、第9戦「ザントフールト」の予選が行われた。



アウディ(Audi)は、2013年WEC第5戦「サーキット オブ ジ アメリカ」でLMP1クラス通算100勝目となった。



2013年WEC(世界耐久選手権)は、第5戦でアメリカに上陸。



2013年DTM第8戦「オッシャースレーベン」では、アウディが「残念な快挙」をなしとげた。



2013年WEC第4戦「サンパウロ」は、アウディが1-2フィニッシュの完勝に終わった。



2013 DTM 第7戦 「ニュルブルクリンク」 レース結果。



アウディ(Audi)は、優勝を飾った2013年ル・マン24時間を振り返り、ダイジェストビデオを公開。



アウディ(Audi)が1-2-4フィニッシュを飾った、2013年Rd.6「モスクワ・レースウェイ」決勝ビデオ(Youtube)。



2013年DTM第6戦「モスクワ・レースウェイ」決勝結果。



2013年Blancpain耐久シリーズ「スパ・フランコルシャン24時間」の決勝が行われ、アウディR8は苦戦しながらも3位表彰台に上った。



2013年スパ24時間は、実に65台のマシンがエントリー。スタートから13時間が経過。



2013年DTM第5戦「ノリスリング」を制した、アウディのマティアス・エクストロームだが、レース後に違反行為が指摘され、なんとレースリザルトから除外されてしまった。



2013年DTM第5戦「ノリスリング」予選結果。



ポルシェが2014年のル・マン復帰を目指し、早々とテストランを行ったことについて、アウディモータースポーツ代表のウルリッヒ氏は「気にしていない」とコメント。



2013年ル・マン24時間は14時間を経過。現地時間では午前5時をまわり、少しずつ空が明るくなってきた。



2013年ル・マン24時間 9時間経過し順位に変化。



2013年 ル・マン24時間 2時間経過しアウディがトップ3を快走。



2013年ル・マン24時間 1時間経過



2013年ル・マン24時間、3台のアウディR8e-tron Quattroが予選トップ3を独占した。



2013年ル・マン24時間、注目の予選が行われた。



2013年DTM 第4戦「ラウジッツリング」は、アウディのマイク・ロッケンフェラーが表彰台2位にあがった。



2013年DTM第4戦「ラウジッツリング」の予選が行われた。



2014年、ポルシェがル・マン24時間に復帰する。



2013年ル・マン24時間は、6月22日のスタートに向け、テスト走行が行われた。



2013年DTM第2戦「レッドブルリンク」の決勝。 アウディ勢はいかに。



2013年ル・マン24時間へのエントリーリストが公開された。



ル・マン24時間にタイヤを供給する「ミシュラン」のオフィシャルサイトでは、2013年ル・マン24時間のレギュレーションをわかりやすく解説している。



2013年DTM第1戦「ホッケンハイム」決勝のフルビデオ(Youtube)。



2013年WECを戦うアウディR18 e-tron Quattro テクニカルデータ



2013年 DTM第2戦「ブランズハッチ」決勝結果。



2013年DTMシリーズ第2戦「ブランズハッチ」の予選が行われた。



2013 WEC 第2戦「スパフランコルシャン」 決勝ビデオ。



2013年 WEC第1戦「シルバーストーン」決勝のフル動画 Youtube



2013年DTM第1戦「ホッケンハイム」の決勝が行われた。



2013年WEC第2戦「スパ・フランコルシャン6時間」が開催された。



2013年WEC第2戦「スパ・フランコルシャン」の予選結果が確定。



2013年WEC第1戦を1-2で制したアウディ(Audi)は、第2戦のスパフランコルシャンに進化型のR-18e-tron Quattroを加えた3台体制で臨む。



F1-Gate誌は、アウディ(AudI)がアメリカのインディーカーレースに進出する可能性があると報じた。



2013年WEC第1戦「シルバーストーン」はアウディの完全勝利に終わった。



2013年WEC(世界耐久選手権)の第1戦「シルバーストーン6時間」のフリープラクティスが行われた。



アウディ(Audi)は、2013年ALMS「セブリング」に2台のアウディR18e-tron Quattroを投入し、見事に1-2フィニッシュで制した。



アウディ(Audi)は、2013年ジュネーブショーで2013年DTMマシン「アウディA5DTM」を発表した。



アウディ(Audi)は、昨年に続きアメリカGrand-amに参戦。2012年は苦汁をなめたが2013年はタイトルを狙う。
その緒戦は「デイトナ24時間」。



アウディ(Audi)は、2013年シーズンのモータースポーツ参戦計画を発表。



アウディ(Audi)は、WEC、ル・マンについで、2013年のDTMへのチーム体制を発表。



アウディ(Audi)は、2013年シリーズのル・マン24時間耐久及びWECのチーム体制を発表した。



AutosportWEBは、DTMメルセデスチームで活躍したジェイミー・グリーンのアウディへの移籍が決定したと報じている。



2012 DTM ザントフールト Youtube



2012年DTM第5戦「ノリスリング」決勝のフルビデオ



2012 DTM 第9戦「バレンシア」 決勝ビデオ Youtube



2012年WEC「スパフランコルシャン6時間」ダイジェストビデオ。



2012年 WEC 第1戦 シルバーストーン 決勝



2012 WEC 最終戦「上海6時間」はトヨタの勝利で幕を閉じた。



2012 WEC最終戦「上海6時間」もいよいよ大詰め。



2012WEC最終戦「上海6時間」 1時間経過。



2012 WEC 最終戦「上海」

いよいよ2012年WECも最終戦「上海」を迎え、予選が行われた。



2012年DTM最終戦「ホッケンハイム」は、BMWのシュペングラーが制した。



BMW参戦により三つ巴となったDTMも最終戦となった。



アウディ(Audi) S4で時速400km

アメリカ・ユタ州の「ボンネビル」でチューンナップされたアウディS4が量産車部門での世界最高速記録を樹立。



WEC 「富士」関連ニュース

トヨタが制したWEC「富士」関連ニュース



2012年WEC第7戦「富士」は、トヨタTS030の逃げ切りで幕を閉じた。



WEC 第7戦「富士」は、4時間を経過。



WEC 第7戦「富士」は3時間の折り返しを経過。



アウディとトヨタの一騎打ちとなる2012年WEC第7戦「富士スピードウェイ」は、日本時間午前11時にスタートを切った。



WEC 第7戦「富士」 予選結果

日本初開催のWEC第7戦「富士」の予選が行われた。



WECが富士で開催されるのは初めて。このため、公式フリー・プラクティス前にテスト走行日がセットされた。



2012年WECは、いよいよ第7戦「富士スピードウェイ」のレースウイークを迎える。



WECで快進撃を続けるアウディは、2013年3月に行われるALMS「セブリング12時間」にエントリーするようだ。



アウディ(Audi)関連、最近の国内ニュース 2012.10.03



2012年DTM第9戦「バレンシア」は、BMWのポールポジションを4台のアウディが追いかける形でスタート。



WEC 第6戦「バーレーン」結果

WEC第6戦「バーレーン」は、アウディR18e-tron Quattroが1-2フィニッシュを飾った。



アウディ(Audi)は、2012年WEC「バーレーン」に2台のアウディR18e-tron quattroの投入を決めた。



2012年DTM第8戦「オッシャースレーベン」は、アウディの惨敗に終わった。



ついにWECを制したトヨタ。国内誌では多く取り上げられた。



WEC第6戦「サンパウロ6時間」は、トヨタがポール・トゥ・ウィンを飾った。



WEC第6戦「サンパウロ6時間」の予選が行われ、ポールポジションはアウディを抑えたトヨタだった。



アウディ(Audi)は、2012年WEC第4戦「シルバーストーン」にLMP1マシン「アウディR18e-tron」を投入し、見事優勝を果たした。



2012年DTM第7戦「ザントフールト」は、アウディ勢が1-2-3フィニッシュで完勝した。



このサイトは、
ATA企画が運営しております。

ご連絡は以下のメールフォームでお送りください。

Powered by SHINOBI.JP