アウディ R4

アウディ(Audi)は、「お蔵入り」させたアウディR4の開発計画を復活した可能性がある。



アウディ(Audi)は、「お蔵入り」させたアウディR4の開発計画を復活した可能性がある。



アウディ(Audi)は、2010年パリ・モーターショーにハイブリッドスポーツ「e-tronスパイダー」を出展。



すでに披露されているクーペボディのe-tronと比較すると、15cm長く3cmワイドになり、全長408×全幅181×全高111のディメンジョンとなる。
e-tronクーペがフルEV(電気自動車)であるのに対し、e-tronスパイダーは、ハイブリッド機構を採用。300hp/650Nmの3リッターV6TDIをミッドマウントし、フロントアクスルに二つの電気モーターを備えるAWD方式。
総重量は1450kgで前後50:50に重量配分されている。
4.4秒で時速100kmに達し、最高速度はリミッターで時速250kmとなる。


動画のワンシーンに、フロントのシルバーフォーリングスが開いて、プラグインシステムが顔を出す。
子供のころに夢見ていたワンシーンそのものではないだろうか。



アウディ(Audi)が2010パリ・モーターショーで発表した「アウディ クワトロコンセプト」の最新動画が、はやくもYoutubeにアップされている。




アウディ(Audi)が2010パリ・モーターショーで発表した「アウディ クワトロコンセプト」の最新動画が、はやくもYoutubeにアップされている。




アウディ(Audi)は、2010年のパリ・オートショーに「アウディ クワトロコンセプト」を出展した。


20100930qtc_1.jpg

20100930qtc_2.jpg


アウディクワトロコンセプトは、プロトタイプとして露出している「アウディR4」の現在形であり、クワトロ30周年などを背景としてネーミングされているという。
エンジンはTT-RSに搭載するハイパワーの直5ターボをさらにチューンし、408hpを得る。リッターあたり200hpというとんでもないエンジンである。
このモンスターハートを軽量ボディに搭載し、最新のクワトロシステムで受け止め、0-100km/hを3.9秒でこなす。
1980年代にラリー界を席巻した「アウディクワトロ」。ショートホイールベースの特徴的なフォルムがR4にも見て取れる。



アウディ(Audi)は、2010年9月30日から始まる「パリ・モーターショー」でR4スパイダー・コンセプトを出展するのではないかとの情報。


20100921R4.jpg


これまで、アウディR4は「EV(電気自動車)」として進められてきたが、今回はハイブリッドが採用されている模様。
3リッターTDIをミッドにマウントして後輪を駆動するとともに、前輪には2個の電気モーターを配置。
S-トロニックトランスミッションを装備。


フルEVはまだまだインフラが整備されていないため、航続距離に課題が残る。この先10年はハイブリッドが主流になるとの読みか。
アウディR4は、2012年までに1000台が販売され、その成果によって増産を判断することになっているという。



アウディ(Audi) R4?

アルプスのとあるジャンプスキー場で、アウディが「R4」らしき試作車をヘリで吊り上げている模様が配信されている。



何が目的で宙吊りにしているかは不明だが、ボディラインからアウディの新スポーツEV「R4」である可能性が高いと、海外各誌では盛り上がりを見せている。
もしかすると、今月末のパリ・モーターショーでお披露目があるかもしれない。



アウディ(Audi)は、2010年9月のパリサロンにおいて、e-tronコンセプトの第2弾を発表するとのうわさが先行している。


第2弾のe-tronは、キャンバストップをまとったロードスターとなり、2つのモーターでリアホイールを駆動。
バッテリーレイアウトを最適化して、F40:R60の重量配分とした。
0-100km/h加速は5.9秒でこなし、約200kmの航続距離を確保しているという。


アウディでは、R4として2012年にはデリバリーを開始するとも伝えられている。



アウディ(Audi)は、最新のe-tronコンセプトをデトロイト・オートショーで発表した。


e-tronは、昨年のフランクフルトで発表されたEV(電気自動車)スポーツであり、アウディR8をベースに製作されていた。しかし、今回のフランクフルト2010では、オリジナルボディが与えられており、アストンマーチンなど古典的なFRを連想させる非常に美しいシェイプとなっているのが特徴だ。


フロント及びリアアクスルに配置された2基のモーターにより、204hp/2650Nmという途方もないトルクを与えられており、(内燃機関と異なるトルク特性を持つ電気モーターとの比較は、今後の課題となるだろう)、0-100km/h加速は5.9秒、最高速度はリミッター制御で200km/hとされている。


リチウムイオンバッテリーは、家庭用電源で約11時間でフル充電となるが、400Vの高圧電源では、約2時間で「満タン」となる。
もちろん、ブレーキ回生エネルギーシステムを備えることはいうまでもなく、省電力のLEDヘッドライトも装備されている。


20100112etron_1.jpg

20100112etron_2.jpg 20100112etron_3.jpg 20100112etron_4.jpg 20100112etron_5.jpg 20100112etron_6.jpg

アウディ(Audi) e-tron

ニューヨーク・タイムズ誌のダン・ニール氏は、来年のLAモーターショーに出展される「アウディe-tron」を試乗。



アウディは、このe-tronの市販化を表明している。



アウディは、コンセプトカーとして発表した次世代EV(電気自動車)スポーツ「e-tronコンセプト」を市販化する方針をまとめた。


20091209etron.jpg


海外誌の報道内容


・市販化は2012年に予定されるが、販売台数は1000台に限定される。
・ネーミングは「アウディR4」となる可能性がある。
・EVモデルとガソリンエンジンモデルがラインナップ。(ガソリンエンジンモデルは、通常ラインナップにシフトする可能性がある。)
・EVモデルは、R8よりも高いプライスタグがつけられる。
・EVモデルは、バッテリーパックをミッドマウントし、四輪に独立したモーターを搭載。それぞれのモーターを独立してコントロールできるため、効率的なトラクションと、高いスタビリティを実現。
・ガソリンモデルは、300hp程度のパワーが与えられる。



フランクフルトモーターショー2009でアウディが発表した「e-tronコンセプト」の市販化が進められているようだ。


20090915Etron.jpg


e-tronは、R8より少し小さなスリーサイズを持ち、TT-RSと共通の2.5リッター直5エンジンをリチューンして、ミッドシップにマウント。
Rシリーズの中堅クラス「R4」としてデビューが検討されているらしい。



アウディ(Audi) R4 最新情報

MotorAuthority誌が伝えるところでは、アウディはR8の弟分「R4」の開発ピッチを上げ、リリースを前倒しするようだ。
また、「R」シリーズのラインナップを大幅に拡大し、「R6」及び「R10」を計画に編入したということだ。


20081113R4.jpg


最新情報によると、R4は次期ポルシェボクスターと共有のプラットフォームが与えられるほか、



アウディ(Audi) R4イメージ

Fourtitude誌は、アウディ(Audi)R4のイメージと最新情報を紹介した。



アウディ(Audi) R4最新情報

MotorAuthorityはアウディ(Audi)R4の最新情報を報じた。



このサイトは、
ATA企画が運営しております。

ご連絡は以下のメールフォームでお送りください。

Powered by SHINOBI.JP