アウディ TT/TT-S/TT-RS

アウディ(Audi)は、新型TT-RSをニュルブルクリンクで全開テスト。




アウディ(Audi)がニュルブルクリンクでテストする「新型アウディTT-RS」がキャッチされた。




アウディ(Audi)は、最強のTT「TT クラブスポーツ ターボテクノロジー コンセプト」を発表。


アウディ Audi



2014年、アウディ(Audi)は、RS7の自立走行車でサーキットを完璧に走行した。もちろん無人で。
アウディ社内プロジェクト以外でも、TT-Sによる自立走行を米スタンフォード大学と連携して開発している。



アウディ(Audi)は、新型TTロードスターのオフィシャル画像を公開した。




アウディ(Audi)は、先に発表した「アウディTTオフロードコンセプト」の市販化を決めた。




Autoweek誌は、3代目「アウディTT」の派生モデルの試乗に成功。そのインプレッションを公開。




アウディ(Audi)は、2015年DTMのサポートレースとして、「アウディスポーツTTカップ」を開催すると発表。



アウディ(Audi)は、2014パリサロンで「アウディTTスポーツバック・コンセプト」を発表してしまった。



アウディ(Audi)は、2014年パリサロンにおいて、第三世代「アウディTTSロードスター」を発表した。



アウディ(Audi)が、2014年のパリサロンでとんでもないものを出展しようとしている。


それが、こちらだ。



アウディ(Audi)が第三世代「TT」に投入した、液晶マルチファンクション・ディスプレイがかっこよすぎ。



アウディ(Audi)は、新型TTの価格を発表。



アウディ(Audi)は、新型TTロードスターのテストを、ドイツ、ニュルブルクリンクで実施。



アウディ(Audi)は、2014モスクワオートショーで、TTオフロードコンセプトの実車を初披露した。



アウディ(Audi)は、ハンガリー工場で「新型アウディTT」の生産を開始。



TouriClipsは、アウディ(Audi)がニュルブルクリンクでテストしている「新型TT-RS」らしきモデルを動画に捕らえた。



ドイツ国内でアウディ(Audi)がテストする「新型TTロードスター」がスパイされた。



Worldcarfansによると、アウディ(Audi)は、スポーツコンパクト「アウディTT」の派生モデルを検討しているという。



アウディ(Audi)は、第三世代「アウディTT」を発表し、初代TTからのメモリアル・ビデオを公開。



Hパフォーマンス社は、アウディTT-RSをチューンナップし、なんと700馬力仕様をリリース。



2014年3月、ジュネーブショーで新型「アウディTT」を発表したアウディだが、なんと「隠し玉」があった!



アウディ(Audi)は、第三世代となる「アウディTT」、「アウディTT-S」を発表。



ロードテスト中のアウディTTが目撃されたばかりだったが、なんと新型「アウディTT-S」の画像が流出している。



ロードテスト中の新型「アウディTT-S」が、スクープされた。



来週のジュネーブショー2014を前に、新型アウディTTの画像が、次々とリークされている。



アウディ(Audi)は、2014年3月のジュネーブショーで「新型アウディTT」を発表するに先駆け、「チラ見せビデオ」を公開。



アウディ(Audi)は、新型TTのデザインスケッチ2枚を公開した。



市販間近の「アウディTT 第三世代モデル」がスクープされた。



アウディ(Audi)は、CES2014で、「次期アウディTTのコックピット」だけを発表。



幻のアウディTT

2001年、クワトロGmbHは、アウディTTの高性能モデルの市販化にトライしていた。



Worldcarfans誌は、次期アウディTTのインテリアの撮影に成功。同Webサイト上で公開。



アウディ(Audi)はニュルブルクリンク・北コースで三代目となる時期アウディTTをテスト。カムフラージュはあるものの、ほぼすっぴん姿のビデオ。



海外モーター誌では、第3世代となる次期アウディTTのスクープが報じられている。



アウディ(Audi)は、コンパクトスポーツ「アウディTT」の通算50万台販売を記念した特別仕様車を限定発売。



アウディジャパンは、アウディTT 1.8TFSIをベースに装備を充実させた「アウディTT クーペ S-line Competition」を発売。



アウディ(Audi) TT-Ultra Quattro

アウディ(Audi)は、2013年のヴェルターゼで「アウディTT Ultra Quattro」を発表。



Worldcarfans誌は、次期アウディ(Audi)TTに関する情報を掲載。



アウディジャパンは、最強のTT「アウディTT-RS Plus」を日本市場に投入した。



アウディ(Audi)の開発チーフは、すでに次期アウディTTベースのアドバンスドモデル「TT GT3」の開発を進めているとコメント。



アウディ(Audi) 次期TT情報

Autocar誌は、アウディのコンパクトスポーツ「アウディTT」の次期モデルに関する情報を掲載した。



アウディ(Audi)は、TT-RSの運動性能をさらに向上させた「TT-RSプラス」を投入すると発表。



アウディジャパンは、アウディTTに1.8リッターターボエンジンを搭載する「アウディTT1.8TFSI」を日本市場に投入。



2014年 新型TT?

アウディ(Audi)が公開した、アウディブランドのデザイン責任者「ウォルフガング・エッガー」氏のヘッドショット。



一部の海外誌では、2012年12月に開催される「東京モーターショー」に「TTコンセプト」を出展するのではないかとコメントしている。



アウディ(Audi)は、TTに1.8リッターターボエンジンを搭載しヨーロッパ限定で発売した。



MotorAuthority誌は、アウディ(Audi)が「TT-RSレースカー」を販売すると伝えている。



アウディジャパンは、アウディTTの装備と価格を見直して新発売。



アウディ(Audi)は、アウディTT-RSを米国市場に投入。日本市場での価格は863万円だが、



Worldcarfans誌によると、アウディ(Audi)は、TT-RSのパワーアップモデルを計画中だと報じた。



アウディジャパンは、TT-RSにS-トロニックを搭載したモデルを発売した。



アウディTTをベースとした自動運転車が、ヒルクライム・タイムトライアルで有名な「パイクス・ピーク」を制覇した。



アウディ(Audi)TT-RSレースカーが、ドイツのニュルブルクリンクサーキットでテストを行った。



アウディ(Audi)は、TT-RSに大型ブリスターフェンダーやリアウイングなどを装備したレースカーを発表。



アウディ(Audi)は、アウディTT-RSに7速S-トロニックを搭載すると発表。


アウディTT-RSには、340hp/460Nmの直5ターボエンジンが搭載されているが、これまでS-トロニックの対応容量を超えていたため6速MTのみの設定だった。
しかし、新たに大容量のS-トロニックが完成したため、TT-RSへの搭載となった。
これにより、0-100km/h加速は、MTの4.6秒から4.3秒に大幅に改善されるという。



アウディジャパンは、アウディTTを一部改良して発売した。


TTクーペ、ロードスターに搭載する2リッター直4ターボエンジンは、AVS(アウディ バルブリフト システム)の採用により、200hpから211hpにアップ。トルクは280Nmからなんと70Nmアップの350Nmとなる。
反面、燃費はリッターあたり12kmから13.2kmに改良された。
エンジンのパワーアップに伴い、TTロードスターはFFからクワトロAWDに仕様変更。その他、左右2本だしマフラーなどエクステリアにも手が加えられた。



アウディジャパンは、2010年2月2日、TTシリーズの最高峰「TT-RS」を国内で販売を開始した。


20100204TTRS.jpg


TT-RSは、専用の2.5リッター直列5気筒(直噴ガソリンターボ)エンジンを搭載。
最高出力250kW(340ps)、最大トルク450Nmを発生する。0-100km/hの加速は4.6秒、最高速度は250km/hに達する。最大トルクをわずか1600RPMで発生する柔軟さを持ち、どこから踏んでもロケット加速が味わえそうだ。
エクステリアでは、大きく開いたフロントエアインテークが攻撃的で、刺激的。
10mm低められたサスペンションで、ぐっと身構えたシルエットになった。


価格は835万円から。


今年の販売目標は100台でTTロードスターと同水準とのこと。
アウディでは、伝統の「5気筒エンジン復活」により、40代以降の世代が購入していると語る。もっとも30代で900万円を準備できる方もすくないだろうが・・・


TT-RSの発売に合わせ、渋谷区の「アウディ フォーラム東京」では、かつてのラリーの王者「アウディスポーツクワトロS1」を展示。
このマシンは、1986年のWRC(世界ラリー選手権)で「神」と呼ばれたワルター・ロールが駆ったマシン。
600bhpを発生する2110ccの直列5気筒エンジンを搭載し、ミスファイアリングシステム(排気の残留ガソリンを再燃焼させることでタービンの回転を維持し、アクセルレスポンスをアップさせる画期的システム)、セミAT(シフトノブにクラッチセンサーを内蔵)など、先進の技術を総動員した名車中の名車。
見るだけで価値あり。



B&BはアウディTT-RSをベースにしたチューニングプログラムをリリースした。


20100124TT-RS_1.jpg


基本的にはターボチューンなので、(お金持ちにとっては)コストパフォーマンスの高いプランとなっている。


stage1:ECUチューンによる過給圧0.2バールアップにより410hp(1950ユーロ)
stage2:ECUチューンによる過給圧0.25バールアップとクーリングシステムにより425hp(2950ユーロ)
stage3:エンジンチューニング+ステンレス製エグゾーストシステムにより442hp/625Nm(8950ユーロ)
stage4:ECU、吸排気系、クーリングシステム等のトータルチューンにより450hp/650Nm(12950ユーロ)

※2010年1月24日現在 1ユーロ=約127円


stage4では、0-100km/hダッシュが3.7秒という怪物級のパフォーマンスを誇る。
これに合わせ、19又は20インチホイール、強化ブレーキシステム、エアロシステム、20mmローダウンされた強化サスペンションなどが含まれるるトータルコーディネートとなっており、まさに「お得」(お金持ちにはね・・・)なプランとなっている。


20100124TT-RS_2.jpg



アウディジャパンは、アウディ誕生100周年を記念して、アウディTT特別仕様車を発売した。


装備内容は、TT 2.0TFSIクワトロをベースに、S-line仕様のエクステリア、19インチホイールに加え、磁性体によるダンピング制御を可能にした「アウディ マグネティックライド」を装備。
フロントスポイラー、リアディフューザーなどで存在感もアピール。
内装では、TT-S用のシートヒーター内蔵本皮スポーツシートを装備。


100万円以上のオプション装備を、ベースモデルから40万円高の544万円とした。
100台の限定販売。TTを検討中の諸兄には朗報ではないだろうか。



スタンフォード大学では、アウディTT-Sをベースに、無人運転システムを搭載し、世界でもっとも過酷なヒルクライム「パイクスピーク」を攻略すると発表。


TT-Sは、遠隔操作による無人運転ではなく、自立運転が可能なシステムを搭載。




イギリスのSportec社は、アウディ(Audi)TT-RS用のチューニングコンピュータECUキットを発売。


20090827TTRS.jpg


TT-RSキット装着により、最高出力は340hpから400hpへ、最大トルクは450Nmから544Nmにスープアップされる。
0-100km/h加速は、4.6秒から4.2秒へと大幅に短縮。5.2リッターV10を積むR8V10が3.9秒だけに、軽量のメリットを生かせばニュルブルクリンクでタイマン張ることもできそうだ。


これだけのパフォーマンスが、£1200(約18.4万円)で手に入る。
TT-RSを買えるほどのお金持ちならば、即決まちがいなしのお手軽さである。



アウディジャパンは、アウディ100周年にあたり、100万円の購入支援キャンペーンを実施。


キャンペーン期間は、2009年7月20日まで。
アウディTT/TTロードスターの購入に当たり、期間中2名に100万円をサポートする。
購入検討中の方は、とりあえず応募してみてはいかがだろう。
もちろん、期間中に購入された方も応募できる。


これ以外にも、100名にアウディTT3日間モニターが当たる。




アウディ(Audi)は、ヨーロッパで「TT-RS」の販売を開始した。

20090531TTRS.jpg

=TT-RS=

2.5リッター直列5気筒エンジン 340hp/450Nm
0-100km/h:4.6秒
最高速度:250km/h(リミッター)
重量:1450kg
燃料消費:9.5リッター/100km


価格は55,800ユーロで、日本円換算で750万円であるが、日本市場で販売される場合は、TT-Sが680万円であることからして、おそらく900万円以上のプライスタグが用意されるに違いない。



MTMは、戦闘力をさらに高めたTT-Sを発表。

20090403MTM_TTS.jpg

直4、2リッターTFSIエンジンは、380hp/480Nmまで高められ、もはや「無茶」の領域。
心配されるのはS-トロニックの容量だが、MTMがリリースするだけに、心配は無用のようだ。
パワーアップにあわせて、ブレーキは対向8ピストンのものに換装されるほか、サスペンションも引き締められる。


お値段は73,715ユーロと、大幅にブースとアップされている。
MTMでは、330hpバージョンも用意するとのこと。



ジュネーブショー2009 アウディ(Audi)TT-RS

20090307TTRS_1.jpeg

アウディ(Audi)TT-RSのエンジンは、「直列」5気筒ユニットでした。


20090305TTRS.jpg


VWゴルフのV型5気筒と予想しておりましたが、新設計の直列5気筒を投入でした。
4気筒のエンジンルームに、ターボも含めた5気筒ユニットを格納するのは、大変だったでしょうねえ。
エンジン幅はわずか490mm。単体重量は183kgというコンパクトさ。
「伝統」の5気筒ユニットの復活です。




アウディ(Audi) TT-RS

アウディ(Audi)は、ジュネーブショー2009で「TT-RS」を発表。

20090304TTRS.jpg


TT-RS概要

2.5リッター5気筒ターボエンジン
340hp/450Nm
最大トルクを1600~5300回転で発生
エンジン長はわずか49センチメートル、単体重量は183kgと、軽量・コンパクトを実現
9.2リッター/100kmという優秀な燃費性能も両立
シリンダー内に直接ガソリンを噴射するFSIテクノロジーにより、大径ターボを備えながらも10.0:1という高圧縮比。
すばやいアクセルレスポンス。
ターボの過給圧は1.2バール。


クーペモデルは1450kgに抑えられ、パワー・ウェイトレシオは4.3。
0-100km/hダッシュは、4.6秒。
最高速は250km/hにリミットされるが、実は280km/hまで。



Carscoop誌で、TT-RSのYoutubeスライドショーを掲載。



アグレッシブなフロントバンパーデザイン、固定式のリアスポイラー、とりわけ「RSバッジ」がカッコイイ。



アウディ(Audi)は、TT-RSのオフィシャルフォトを公開。


20090221TT_1.jpg

20090221TT_2.jpg 20090221TT_3.jpg

Carscoop誌によると、アウディは、2009年3月のジュネーブショーで、「TT-RS」と「A4 Allroad」の2モデルを発表するとの情報を得たという。
リークされた情報は以下のとおり。


=TT-RS=

フォルクスワーゲンUSの2.5リッター5気筒エンジン(おそらくゴルフのUS仕様に搭載されるV型5気筒)をターボで過給し、340hpのハイパワーを得る。
当然、クワトロAWDを装備。
ハイパワーに対応した大容量のS-トロニック。
クーペとロードスターの2タイプを同時発表。


=A4 Allroad=

A4アバントをベースに、ラフロードでの走破性をアップ。
ホイールアーチを拡大するとともに、大径ホイールを装備。
路面状況に応じて車高調整可能。
バンパーデザインを変更。



アウディ(Audi)は、アメリカ市場でのTT-S販売価格を公表した。


20081101TTS.jpg


アウディジャパンでの販売価格は、クーペで675万円だが、アメリカではなんと、



アウディ(Audi) TT-RS 続報

Worldcarfans誌は「アウディAGから販売店に宛てられた、TT-RSに関する最新情報が記載された文書のコピーを入手した。」と記した上で、以下の情報を公開した。


TT-RSは、



いよいよドイツニュルブルクリンクでのテストも大詰めを迎えたTT-RSだが、ロードスターモデルも同時にテストされているようだ。


アウディTT-RS
(Photo:WORLDCARFANS)


TT-RSロードスターは、アウディのセオリーにしたがってソフトトップが採用されている。
これは軽いファブリック素材をトップに採用することで重心を低くし、ハンドリングを向上させようというもの。
「剛性はボディで確保」がアウディ流なのだ。


写真では、



アウディ(Audi)は、TTのハイパフォーマンスバージョン「TT-RS」の開発・テストを進めているが、どうやら最終段階に入ってきたようだ。


20081008TTRS.jpg


TTはアウディラインナップの中でも特別の存在といえるだろう。
初代TTの衝撃的なフォルムはいまだに諸兄の記憶に新しいところ。
2代目となったアウディTTは、



アウディ(Audi) RS3への期待

フォルクスワーゲン社は、6代目となる次期「ゴルフⅥ」に新たなラインナップを加えると発表した。

1.170hpの2リッターディーゼルターボを搭載する「GTD」
2.270hpの2リッターガソリンターボエンジンを搭載する「GTI"plus"」


そして、
3.現行の「R32」に代わる「R42」だ。


VWゴルフは、



CarView誌では、アウディTT-S試乗レポートを掲載。


 CarView:アウディTT


アウディTTが、実は国内でユーノスロードスターより売れているというのには、ちょっとびっくり。
さてTT-Sの実力やいかに。


[アウディTT-Sスペック]



WebCGでは、TT-Sの試乗レポを公開。TT2.0TFSIクワトロのレポートもあり。


 WebCG:アウディTTSクーペ/TTクーペ2.0TFSIクワトロ【試乗速報】


TT-Sスペック




2008年9月2日、アウディジャパンはTTのハイパフォーマンスバージョン「TT-S」の販売を開始した。
また、あわせて、TT2.0TFSIクワトロをラインナップするほか、変更モデルも装備内容を見直した。


TT-Sは2リッター直4ターボを改善し272hpのハイパワーを与えられ、当然クワトロAWDで駆動する。
基本的にS3と同系統ということになる。


従来の2.0TFSIと比較すると、



Worldcarfans誌は、アメリカ・アリゾナでテスト中の「TT-RS」をキャッチ。


20080824TTRS.jpg


フロントマスクはエアスクープが拡大され(おそらくダミーではない)、TT-Sよりもさらにアグレッシブなイメージになっている。
搭載されるエンジンは、シーケンシャルツインターボにより350hpが与えられ、6速マニュアルトランスミッションを介してクワトロAWDで4輪を駆動する。


 WorldCarFans:spotted TT-RS



アウディ(Audi)TTのハイパフォーマンス「TT-S」。
国内誌「モーターマガジン」のインプレッション。


 モーターマガジン:アウディTTS (AudiTTS)


-TT-S-
2リッターターボエンジンはクワトロGmbhのチューンにより272hpにスープアップ。
TTよりも拡大されたトレッドと低く引き締められた足回りでビッグパワーを受け止める。
100km/hダッシュは5.2秒とかなりの俊足。
実は、1395kgの軽量に仕上がったことで、ワインディングでの軽快感が高そうである。
6速S-トロニック+クワトロAWDを採用するアウディ随一のライトウェイトスポーツである。



アウディ(Audi)は2008年5月21日、TTのハイパフォーマンスコンセプト「TTクラブスポーツクワトロ」のバージョン2をオーストラリアで発表した。


20080522TT.jpg


TTクラブスポーツクワトロは、真のロードスターを具現化したもので、Aピラーのみで支えられる低いフロントウインドが特徴的。
フロントウインドウから続くサイドスクリーンも必要最小限で、けた違いの開放感が得られそう。
ボディは66ミリ拡大されたオーバーフェンダーが圧巻で、ただものでない雰囲気を演出。
もちろん、ドライブとレーンは大幅に強化され、2リッター直4直噴ターボエンジンは300hpまでチューンされるとともに、7速のS-トロニックを介してクワトロAWDで駆動。



アウディ(Audi) TT-1.8TFSI情報

Fourtitude誌は、アウディはTTのバリエーションを拡大するため、「TT-1.8TFSI」と「TT-2.0Tquattro」を追加すると報じている。
エントリーモデルの追加は歓迎すべき内容だし、2.0Tquattroの追加もTTの楽しさを倍増させてくれるに違いない。



アウディ(Audi)のハイパフォーマンスコンパクト「TTS」が、伝統のバイクレース「マン島TTレース」のオフィシャルカーに選ばれた。
TTSは、5月24日から6月6日までの間、その役に就く。


20080427TTS.jpg


アウディTTSは272hpの2リッターTFSIエンジンを搭載するTTのハイパフォーマンスバージョン。
専用のフロントマスクを与えられているので、一目で識別できる。




2008年4月5日からドイツのライプチヒで国際モーターショーが開催される。
アウディはここで、TT1.8TFSIを披露するようだ。


20080401TT.jpg



アウディ(Audi)は2008年ジュネーブモーターショーで3台のTDIマシンを発表。


20080306TTTDI.jpg



2008年ジュネーブモーターショーのアウディブースのビデオ。



アウディ(Audi)TT 2.0TFSI quattro情報については昨日の記事でお伝えしたが、アウディから正式発表が出された。



アウディ(Audi)はTT 2.0TFSIにクワトロを設定するようだ。


20080304TT2.0q.jpg



アウディ(Audi) TT 2.0TDI

アウディ(Audi)はプレスリリースでディーゼルエンジン搭載の「TT 2.0TDI」を発表した。



Audi World siteのTT-loungeにTT-Sが登場してます。



アウディ(Audi)UKはTT-Sのイギリス市場価格を発表。


20080217TTS.jpg



アウディ(Audi)は先日のデトロイトオートショーで「TT-S」を発表したところだが、どうやらTT-RSの姿も見えてきた。


20080131TTRS.jpg



アウディ(Audi)ジャパンでは、TTのモニターキャンペーンを実施中。



アウディ(Audi)はデトロイトモーターショーでR8V12TDiとTT-Sという二つの「プレゼント」を披露した。




明日(1月13日)から開催されるデトロイトオートショーでデビューするはずの「アウディTT-S」のオフィシャルビデオが開催前にリーク。



デトロイトオートショーのデビュー前にオフィシャルイメージがリークしてしまったアウディTT-Sだが、その詳細ディテールまで公表されてしまった。



アウディは、来週から始まるデトロイトオートショーでアウディTTのハイパフォーマンスバージョン「TT-S」を発表することはもはや周知の事実となっている。
しかし、そのオフィシャルフォトがデトロイト開催前にリークしてしまった?!



ハイパーTTトリオ

アウディはTTのラインナップに3種類のハイパフォーマンスモデルを投入することが確実になったようだ。


20071207AudiTT.jpg



アウディ(Audi)TT-TDI?

アウディはクリーンディーゼルTDIエンジンの普及に力を入れている。
どうやら、TTにも2リッターターボTDIを搭載する試みがなされているようだ。



アウディ(Audi)R8-RS、TT-RS情報

アウディは、来月2008年1月のデトロイトモーターショーに「R8-RS」と「TT-RS」を発表すると公式にコメントした。



アウディ(Audi)S4はターボ?

Audi World誌は、次期S4はターボエンジンを搭載すると伝えている。



アウディ(Audi)TT-R8?

チューニングメーカー「Niche(ニッチ)」が、TTのボディキットを発表した。



アウディ(Audi)TTのハイパフォーマンス「TT-RS」について、さまざま報じられているが、ニュルブルクリンクでテストされているプロトタイプから新たな情報が得られた。



アウディ(Audi)TT-RS

アウディ(Audi)TTのハイパフォーマンスバージョン「TT-RS」のプロトタイプがドイツのニュルブルクリンクで順調にテストされているようだ。



アウディTT in the pool

良い子の皆さんは、マネしてはいけません。



TTピックアップ?

アウディTTがピックアップに?


まずはこちら:eCarTech


TTのリアゲートとっぱらって、荷台に・・・おまけにデコトラ風に仕上がってます。



TT-RS新着情報

アウディ(Audi)TTのハイパフォーマンスバージョン「TT-RS」の最新情報を
キャッチ。

TT-RSは2009年に発表されると見られる。
エクステリアは、先だって紹介された「TTクラブスポーツ・コンセプト」をイメージしたものとなる。
TT-RSには、2,5リッター直列5気筒エンジンが搭載され、ターボ加給により350bhpを得る。

ライバルとなるのは、ポルシェ・ケイマンSやBMWM3あたりとなるが、エンジン出力では50bhp程度リードされている。
しかし、絶対的なパワー差は、ターボ加給による太いトルクと、TT-RSの徹底した軽量化により解消されると見られる。
軽量化はあらゆるモーメントの軽減に繋がり、さらにクワトロと一体化することにより優れた運動性能をもたらす。
しかし、そのハイパフォーマンスゆえ、ボディ剛性の高いクローズドボディ・クーペのみとなる。

アウディのお家芸であった5気筒ユニットの復活は、いにしえのアウディファンのハートを刺激するはずだ。

アウディでは、TT-RS以外にも、TT-Sを開発中。
こちらは、2リッター直列4気筒+ターボにより261bhpを与えられ、2008年中にリリースされる可能性が高い。

情報ソース:TopSpeed



TT-R情報

アウディ(Audi)TTのハイパフォーマンスバージョン「TT-R」の姿が見えてきた。

Rの称号としてエンジンには、ツインターボで武装する3.2LV6or新設計の5気筒エンジンとなりそうだ。

この2.4L5気筒エンジン(VR5)はツインターボにより308hpを得ることができるという。

また、プロトタイプでは、ハイパワー化に伴うブレーキ強化(ドリルド)やリアウイングのカーボン化などが盛り込まれている。
車高も低く抑えられ、フロントバンパーの形状も異なるものが採用されている。

TT-Rは来年3月のジェノバモーターショーに出展されるとの情報もある。

情報ソース:MotorAuthority



アウディ(Audi)ジャパンは、TTクーペTTロードスターの装備を充実。

以下「アウディ・ジャパン公式サイトから引用」

● 自動防眩ミラー/レインセンサー/オートライトを標準装備
● 2.0 TFSIに7Yスポーク アルミホイール(8.5J X 17)と245/45R17タイヤを標準設定
● S-line(エスライン)パッケージをオプション設定
● アウディのオーダーメイドプログラム 「Audi exclusive(アウディ エクスクルーシブ)」を導入

アウディ ジャパン株式会社(代表取締役社長:ドミニク ベッシュ、本社:東京都世田谷区)は、アウディTTクーペおよびアウディTTロードスターの装備を見直し、新価格にて本日より全国アウディ正規ディーラーネットワークを通じて発売します。
アウディTTクーペは昨年10月、アウディTTロードスターは本年6月に販売が開始され、本年7月末までに、両モデルの累計販売台数は2,760台となりました。また、本年1〜7月の販売実績は、日本におけるアウディ販売全体の20%強を占めており、これらモデルが属する、インポートプレミアムコンパクトスポーツカーにおいては、2位を大きく引き離し、トップの座を獲得しています。このように非常に好評のモデルの装備を見直し、お客様にとってより魅力ある商品を提供することにより、さらに商品競争力を高めてまいります。

新装備は以下の通りです。
● アウディTTクーペに、自動防眩ミラー/レインセンサー/オートライトを標準装備。
  (アウディTTロードスターには本年6月発売時にすでに設定済み)
● アウディTTクーペ2.0 TFSIとアウディTTロードスター2.0 TFSIに、オプション設定であった7Yスポーク アルミホイール(8.5J X 17)と245/45R17タイヤを標準設定。
● アウディTTクーペ2.0 TFSIとアウディTTロードスター2.0 TFSIに、アウディTTクーペ3.2クワトロに標準装備されている7Yアームデザイン アルミホイール(89J X 18)と245/40R18タイヤをオプション設定。
● 新たにオプション装備として、TTクーペとTTロードスターにスポーティなエクステリア・インテリア装備を含む「S-line(エスライン)」パッケージを設定。
● アウディのテーラーメイドプログラムである「Audi exclusive(アウディ エクスクルーシブ)」をTTクーペとTTロードスターに導入。
  アウディ エクスクルーシブは、本革シート、ステアリング等インテリアおよび特別外装色のエクステリアを充実させた素材・カラーの中からお客様の好みに合わせて選択していただき、「自分だけのアウディ」を注文できるテーラーメイドプログラムです。



MTM RTT

MTMは、ツインエンジンTTで393km/hの記録を打ち立てたショップ。
そのMTMがNewTTに手をいれた。

MTM TTRは、3.2リッターをベースにスーパーチャージャーを搭載し415hpを発生。
0-62mph加速ではR8を0.5秒上回る4.1秒、125mphまでは15.3秒で到達するパフォーマンス。

フロントマスク、リアビュー、マフラーエンドなど明らかにR8を意識したボディキットは・・・アリなのか?

情報ソース:MotorAuthority(フォト多数)



アウディTTロードスターの試乗インプレッション記事。

ロードスターとなって一層TTらしさを披露するTT
軽快でダイナミックな走りを詳しくレポートしています。

詳しくはDrivingFuture



TTで393km/h

アウディTTをベースにしたマシンが時速393キロを記録した。

このマシンは「MTM」がモディファイしたもので、アウディTTをベースに、2基の4気筒ターボエンジンを搭載し総出力1000馬力以上。
モンスターマシンにありがちなド派手な外観ではなく、あくまでも「TT」であるところがすばらしい。

情報ソース:TopSpeed



TTロードスター 生フォト

アウディTTロードスターの生フォトです。



画像では質感がいまひとつ伝わらないのが残念です。




IMG_0828.jpg























IMG_0829.jpg

IMG_0832.jpg

IMG_0830.jpg

IMG_0833.jpg

IMG_0834.jpg

IMG_0835.jpg

IMG_0837.jpg

IMG_0839.jpg

IMG_0840.jpg

IMG_0841.jpg




アウディTTロードスターの試乗インプレッションです。

強靭なロードスターボディと軽量パワフルな2.0TFSIエンジン、忠実なSトロニック(DSG)が織り成す軽快なハンドリング。

風を感じるオトナのロードスターの乗り味は?

詳しくはWebCG



TTSは日本で発表?

アウディ(Audi)のスポーツコンパクトであるTTのハイペックバージョンとされる「TTS」は、2007年9月のフランクフルトモーターショーで発表されるのでは?との情報でしたが、10月に東京で発表されそうであるとのことです。

TTSは2リッターのターボエンジン(FSI)をベースに270馬力までチューンアップされ、0-100km/h加速5.6秒の俊足を手に入れるホットバージョンであるとされています。

詳しくはTopSpeed



アウディ(Audi)TTロードスターの試乗インプレッション記事です。
エクステリアからエンジンフィール、ドライブフィールまで、かなり詳細に解説されています。

詳しくはCarView



アウディジャパンでは、アウディTTロードスターの発売を記念して、TTロードスターミニチュアカープレゼントキャンペーンを実施中です。

TTロードスターのカタログを下記のURLから請求した方の中から、毎月20名、計60名様にミニチュアカーをプレゼント。

締め切りは8月31日まで。
お申し込みはアウディジャパンオフィシャルサイトからどうぞ。



TTS

TopSpeedが伝えるところによると、

アウディは、第2世代TTのホットバージョンである「TTS」を9月のフランクフルトモーターショーで発表するとのこと。
TTSは2.0TFIエンジンをS3同様のチューンによりにより270馬力(6500rpm)にゲインしたものを搭載。

詳しくはTopSpeed



TTクラブスポーツクワトロ

アウディは、ドイツで開催したファンイベントで、TTベースのスタディモデル「TTクラブスポーツ・クワトロ」を発表しました。

エクステリアの軸は、TTロードスターをベースに、大胆にチョップされたフロントスクリーン。
オーバーフェンダー拡大、フロンとマスクの変更などにより、より精悍なイメージになっています。
また、エンジンも2.0TFSIをベースに300馬力までチューンアップされ、S3さえも上回る仕様となっています。

スタディモデルということで、反響がよければ市販化という可能性が高く、最近のアウディはコンセプトモデルがほぼそのままの仕様で市販されてきていることから、TTクラブスポーツ・クワトロも、安全性の面で若干のデチューンはあるものの、ほぼこのままの仕様でリリースされるのではないかと考えられます。

詳しくはDrivingFuture

イメージフォト9枚あり



NewアウディTT Coupe

NewTTのインプレッション インプレッション自体は普通。 25枚のフォトがわかりやすい。 詳しくはautobytel-Japan.com

TT Coupe 2.0TFSI フォト

アウディ TT Coupe 2.0TFSI 4,450,000yen〜 全長4,180mm/全幅1,840mm/全高1,390mm 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ1984cc 最高出力147kW(200ps)/5,100-6,000rpm 最大トルク280Nm(28.5kgm)/1,800-5,000rpm IMG_0772.jpg
写真は計9枚

TT Coupe 3.2Quattro 試乗記

アウディ TT Coupe 3.2Quattro 先代からのイメージを引き継ぎながらも大きく深化したNewTT。 熟成された3.2リッターエンジンと6速Sトロニック(DSG)をクワトロで駆動する。アルミニウムを多用したASF(アウディ・スペース・フレーム)により贅肉をそぎ落とした軽量ボディを与えられたその実力は? →WebCG試乗記 -アウディ TT-Coupe 3.2quattro- 全長×全幅×全高=4180×1840×1390mm 車重=1470kg 駆動方式=4WD 3.2リッターV6DOHC24バルブ(250ps/6300rpm、32.6kgm/2500-3000rpm) 5,800,000yen〜

このサイトは、
ATA企画が運営しております。

ご連絡は以下のメールフォームでお送りください。

Powered by SHINOBI.JP